FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    暴力をリアルに想像する


    フラッシュ・バックが起こる可能性があります。ご注意ください。




    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    加筆10月21日
    *田母神氏がツイッターで、沖縄で起きた米兵2人による性犯罪についてつぶやいた内容に、
    5000以上の反響があり炎上しているようです。
    多くは田母神氏に対する批判的な意見なのですが、
    この事件の被害者である女性は、この事態をいまどう感じておられるでしょう。
    私もブログを書いていて、書くたびに自問自答しています。
    もし、自分だったら?
    身も知らぬ人々が、ネット上で或いはTVで勝手に自分を分析したり批判してたら。。
    当事者の居ない場で、大きな話題になっていたら、どう思うだろう。

    だからといって、この世の中で、性犯罪が現実に起こっている事実に対して、
    黙して語らず、ということを肯定することも私には出来ない。
    私は大前提として、被害者の方の代弁なんか到底できるとは思っていません。
    裁判の判決などに対する不当性に、いち被害経験者として意見をいう程度のものだと思っています。

    自戒をこめて。事件当事者である被害者のかたへ。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












    「チダイズム」のちだいさんのブログ記事を読み、怒りで今夜も眠れませんでした。
    注意として、井上氏のブログは読まないほうが良いかも知れません。
    非常に不快な気持ちに陥る可能性があります。



    実は、この記事を読むずっと前から、私の中でどうしても書きたいことがありました。
    ここ最近、腸が煮えくり返るような裁判の判決が続いたことも、その理由のひとつです。

    ちだいさんのブログファンの方々は違うと思いますが、
    どうしてこうも、この社会というのは性暴力というものを歪んで捉えたがるのだろう、と
    怒りを通り越して、空しい気持ちになるのです。


    そもそも、暴力って一体なによ。


    裁判所で、事件の審議を行う際に、
    被害状況など被害者から証言を聴いたりしますよね。
    場合によっては、現場の写真や被害の状況を映した画像なども見せることがあるようです。
    殺害事件の裁判などでも、そういったことはしていますよね。

    その凄惨な画像などを観せて、裁判官や裁判員に訴える手法なんだと思います。


    しかし、私たち一般の人間で裁判員じゃない立場の人間には
    当然、事件の写真などを観ることは出来ません。


    じゃあ、私たちは暴力事件の目撃者、または裁判員にならなければ
    実際の暴力というものを観ることはない、と言えるのか。


    暴力というのもは、環境によって、日常的にそこにあったり無かったりします。
    その定義について書くと、非常に長くなるので割愛しますが、
    私たちは意外と、身近に暴力が蔓延る世界で生きているのかも知れません。


    それなのに。。。
    暴力という字に「性」という字がくっつくと、
    途端に暴力の本質が霞んでしまうみたいです。

    道をただ、とことこ歩いて来た人に、いきなり一方的に誰かが暴力を振るっているとします。
    蹴ったり殴ったり首を絞めたりしています。

    そのとき、一方的に暴力を受けている人に向かって、
    「あぁ、あんなことされてるけど、仕方ないよね」とか
    「この道を歩いてしまったから自業自得」というでしょうか。

    日本には、喧嘩両成敗という言葉があるように、
    どっちもどっち、で片付けようとする風習ってありますよね。

    こいつが始めに殴ったから殴り返しただけだ、というような喧嘩なら両成敗は、あるでしょう。

    しかし、性暴力に対しても、この定義で同列に語っているのが現実です。
    まったく、ドン引きですよ。

    喧嘩両成敗って、ちょっと仲直りすれば、肩組んで飲みに行けるようなレベルですよ?
    これって、私の発想もオカシイのかな。

    さっき書いたような道端で・・・の例えを、私のケースに当て嵌めてもっと分かりやすくいうと。

    『毎日、会社で一緒に仕事をしていた上司。その上司と酒を飲んでお開きになった途端、豹変し、
     殴られ、蹴りを入れられ、首を絞められました』

    と、なるわけです。
    これの何処に「自業自得」とか「お前も悪い」という結論になって当然の箇所があるのでしょうか。

    この後に『強姦されました』という言葉がつくと、さも当然のことのように
    被害者にも「非」があると、説教・攻撃してくるんですよね。連中は。


    嗚呼~~~。まどろっこしい。


    私が書きたかったことを書くまでに、何でこんな子どもに教えるようなこと書かなきゃなんないんだろう。
    書きたかったこと、忘れちゃうじゃんw


    私が思うに、彼らはある意味、本当の暴力を観たことのない幸せな環境で生きて来たのかな?
    なんて卑屈なこと思っちゃうんです。

    暴力なんて、見ないに越したことないのですから、
    本当なら素晴らしいことなんですよね。

    だけど、彼らはきっと、暴力を暴力と思わない感覚の持ち主なのかもしれません。
    平和な意味なんかじゃなく。

    暴力を否定することは、すなわち、観なかったことにする能力。
    或いは、暴力を容認しているから。

    まぁ、私には容認する社会を作りたいとしか見えないのですけどね。


    井上氏は、自身のブログのコメントレスで、映画「告発の行方」を引っ張り出してきてまで
    被害者の方を批難しています。

    ちょっと!!告発の行方は私のものよ~~~~!
    あんたなんかに語られたくないんだよ~~~!言うな~~!
    この映画のお陰で、私は救われたんだぞ~~~!

    よーし、そっちが告発の行方を出して来るんなら、話は早い。

    こっからが本題なんだす(前置きが長くてごめんなさい)。


    ジュディ・フォスターさんが演じるサラ。
    井上さん、サラが何だっていうの?
    ああ、サラはノーブラにノースリーブで酔っ払ってて、おまけにマリファナ吸ってたよね。

    恋人と喧嘩してたから、ちょっと悪酔いしてたよね。
    んで、ジュークボックスの音楽にあわせて色っぽく踊り始めたよね。
    したら、男たちがサラに目配せして、ひとりの男がサラにしつこく纏わり付いて来たよね。

    無下に突き放すのも厄介のもとだから、キスだけさせて、やんわりと抵抗してたよね。
    「もう帰るわ。あたし朝が早いのよ。帰りたいのよ。もう帰らせて」とサラは意思表示したよね。
    そしたら、いきなりサラをピンボールの台に押し倒して、羽交い絞めにしたんだよね。
    キスしたり手でで口を塞いで、両手も力いっぱい押さえつけて、身動き出来ないようにしてたよね。
    更に、他の男2人がサラを押さえつけていたよね。

    そして、サラの下着を剥ぎ取り、強姦した。
    次に男2人も、サラを強姦した。
    周りにいた他の客たちは、サラを助けるどころか、手拍子をしたり笑ったり囃し立てていた。


    井上さん、このサラの行為のどこに、セックスを誘ったと映りましたか?
    音楽にあわせて色っぽく踊っていたからですか?
    ノーブラにノースリーブの格好だったからですか?

    あのサラに対する強姦シーンは、当時話題になりましたよね。
    一部では「過激すぎる」「ここまで描写する必要はない」とか評論家も言っていました。

    しかし、私は「どこが過激だと?これでもまだ温いわ」という意見でした。
    ジュディ・フォスターの迫真の演技は、本当にリアリティを感じさせるものだったし、素晴らしかったです。
    ウソっぽくキレイに済まそうとすれば出来た筈なのに、敢てリアルに描写したからこそ、
    私はこの映画に救われたのです。

    だからこそ監督は、被害者がステレオタイプのお上品なお嬢さんではなく、
    リアルに存在していそうな、プア・ホワイトのサラを主人公にしたのでしょう。

    何故って?




    あんたたちのように「あばずれ女がレイプされようが知ったこっちゃない。露出の多い服着て、ガラの悪い女はレイプされてもしょうがない」っていう輩に見せたかったからだよう!



    ・・・・・・でも、失敗だったみたいですね。監督。

    こういった暴力から目を逸らそうとする人間には、何も響かないどころか、
    うまく利用されちゃってますよ。
    真意が届いてないみたいね。都合の良い部分だけ切り取って解釈してるあたりなんか、
    井上氏のいう「従軍慰安婦」なんか無かった論と同じ思考回路に思えて来ちゃう。

    やっぱ、こういう人たちが「なかった、なかった」言うのって、
    この映画の引用から見ても信用性なっしんだわ。

    実際に兵隊として戦地に居た、五味川順平さんが「人間の条件」のなかで
    従軍慰安婦の話をお書きになっているんですが、五味川さんのほうが嘘だと仰るのかな。

    都合の良いトコ取りの井上氏は、映画を読み取る読解力も・・・なさそ。

    強姦という暴力についても、慰安婦問題についても、
    陳腐な想像力と理解力。

    本物の暴力を見たことないって?
    暴力ってのは、直視出来ないくらい凄まじい恐ろしさだよ。

    私の強姦されたシーンがもし映像としてあったら、是非、観て欲しかった。
    空想の世界で分かった気になっている連中に見せてやりたかった。
    何言っても通じない、無駄な犠牲かも知れないけどもね。。。




    関連記事

    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    ~またプロフィール更新しました~

    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。