FC2ブログ

    必死で生きているのに

    震災から5ヶ月。

    被災地以外では、すでにもう風化しつつある。

    復興だ復興だと、そればかりがTVでも映される。

    だけど、何も何にも、解決していないじゃない。

    被災地で『国によって』置き去りにされた、どうぶつたちは、

    本当に、もう生きている子、少ないそうです。

    ということは、ボランティアさんたちが保護してくれた以外の放浪どうぶつは、

    ほとんどが餓死、病死しているということですよね。

    でもまだ、懸命に生きている子たちが居るんです。

    今まさに、この瞬間も、たった独りぼっちで、

    飢えて、喉が乾いて、寂しくて、悲しくて、怖い思いをして、

    必死に、よろよろと誰もいない町を歩き回り、息をしている子が居る。

    これが日本の今の本当の姿です。

    政府の人間は何百人といても、役に立たないのか。

    民間のボランティアさんたちが必死に現地でエサ置きをしてくれてる、その横で、

    警官が目を光らせ、行く手を阻む。

    義援金は何億と集まっている筈なのに、ボランティアさんには届いているのだろうか?

    国は、どうぶつたちが全て息絶えるのを待っている。

    ならば、それを決めた国の人間が、どうぶつたちの最期を看取ってやってください。

    一匹一匹、息絶えるその姿を、

    命を助けに来てくれたボランティアさんたちに見せないで。

    何百人も政府に関わる人間がいるならば、

    貴方たちが決めた結果を、きちんと見届けることです。

    それも嫌だというなら、もう『無責任』という言葉しか見つからない。。。

    うちのとらまるさんの記事 『待ってるよ 2』から転載させていただきます。

    _______________________________

    『待ってるよ 2』




    待ってるよ






    o0800053311436245827.jpg







    雨に濡れ

    どろどろになって

    お腹を減らして


    待っているのです






    人間不信になってしまったけど

    人間と一緒でなければ生きていけない

    猫はそういう生き物なんです





    転載ここまで_______________________________









    こんな現実、どこも放送しない。
    本当なら、毎日のように、福島の今を知らせなきゃいけないんじゃない。

    どこもバラエティばかり、日常が戻ったような錯覚になる。

    けれど、どうぶつたちは、呆気なく国から見放されながらも、
    必死に生きようとしている。

    どうするんですか。この事実。

    どうして?
    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    2019年2月プロフィール更新しました。

    ジェンダーフリーが目標。
    男装?女装?男?女?ちがうちがう
    誰もが着たい服を着て、好きな服を着る。
    男の格好とか女の格好とかナシナシ。

    誰も咎めない、哂いものにしない社会を目指したい。


    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー