FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    幸せがわからない

    私は

    20年前に殺されそうになり、

    その後、あまりの苦しさから繰り返し死のうとした。

    数年前から、死にたい気持ちからも解放され、生きている喜びを知った。

    十数年ぶりに見る外の世界は、本当にまぶしくて光がきらきら輝いていた。

    空ってこんなに青いものなの?

    陽の光って、こんなにまぶしいものなの?

    生まれて初めて、外の世界がこんなに明るいものなのか知り、まぶし過ぎて目を開けていられないほどだった。

    ずっとモヤのような暗い膜が張った世界しか知らなかったので、

    本当にこれは自分にとって衝撃的でした。


    しかし、私の心は、未だ本当の幸せを知りません。

    今まで自分の目に映らなかった、闇の世界を知ってしまったからです。


    毎日のように、生きている動物たちが理由もなく殺される闇の世界。

    たとえ、どこかの家で飼われていたとしても、一度迷子になって収容されれば

    数日後にはガス室で、もがき苦しみながら殺されてしまう。

    また、唯一の家族だと思っていた人間に、身勝手な理由で捨てられ殺されてしまう。

    また、子どもを産む道具として残酷な仕打ちを受け、使い物にならなくなったら捨てられ殺される。

    また、人間の化粧品やサプリメント、薬なのどために、残忍な実験をさせられ物のように殺される。


    そして、私と同じように強姦されたり、また殺されたりする被害者。

    深い傷を負っても、誰にも助けてもらえず、責任転嫁される被害者。


    放射能・放射線によって、全てを失った人たち。

    戦後66年経っても尚、原爆症と認められずに、何の支援もなく苦しみばかり負わされる人たち。

    人生が始まったばかりなのに、放射線の被害に怯えて生きることを強いられた子どもたち。



    ここには書ききれないぐらいの、この世界の闇が、

    私の視界を再び曇らせ、生きる喜びを奪う。

    これって、みんな人間が仕出かしたことばかりじゃないか。




    関連記事

    コメント

    非公開コメント

    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    ~またプロフィール更新しました~

    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。