FC2ブログ

    説明できない難しさ(フラッシュ・バックにご注意)

    小林美佳さん著『性犯罪被害にあうということ

    実名公表して、ご自分の性犯罪被害を本にされた方です。

    私はこの本は読んでいませんが、こんなレビューがありました。以下「」内引用。

    「実名も顔も公表し、性犯罪被害の実態を世に知らしめた著者の行動力と勇気には敬服する。
    ただ、一方読んでいてかなりの違和感を覚えたのも事実だった。
    これまでにも私は、「心を殺された私」(緑川実沙・著)や「御直被」(板谷利佳子・著)などレイプ被害者の関連書籍を読んできたが、本書を含むどれをみても被害者は自分の運命を呪い、周囲の無理解を嘆き、「早く立ち直らなければ」と考えるばかりで、肝心の犯人に向けての怒りはほとんど無いかのようなのだ。この著者も、未逮捕の犯人に対して「お願いだから反省していて」などと記していたが、これには違和感を通り越して、唖然とさえしてしまった。
    なぜ、犯人に対し激しい怒りを持つと同時に、その発見・逮捕に向けて死にもの狂いで努力しようとしないのか? 
    あるいはこれも男女の性差・それぞれ本来の感覚の相違から来るものなのかもしれないが、私にはそれ自体まったく理解出来なかった。この著者は憎むべき相手を間違え、見当違いのところで無駄なエネルギーを使ってしまっている。ひどい言い方かもしれないが、何度読み返しても私にはそのようにしか思えなかった。 」




    この方の持った感想。

    それこそ、被害当事者と、非当事者のあいだにある「違和感」「隔たり」なんじゃないですかね。

    この方のように、被害の実態と現実がどれだけメチャクチャにずれてるかってこと。

    被害者は「加害者」だけと闘う以前に、周囲の無理解と闘わざるを得ないんです。

    これが解ってもらえないんですね。

    では何故、周囲の無理解と闘う必要があるのか?

    別に理解なんかされなくたって良いじゃないかと思われたのかな?

    でもね、ただ単に理解してないだけなら良いかも知れないけど、この方のようにね、

    被害当事者に対して「意見」してくるわけですよ。周りは。

    「そんなこと、貴方にも隙があったからでしょ」とか

    「いつまで引きずってるの。さっさと忘れちゃいなよ」とか、

    言葉だけじゃない、世間一般にある「強姦」に対しての漠然としたイメージも。

    それより何より被害者は、それに遭ったことで自分の人格すべて否定・奪われたような絶望感なんです。

    性犯罪がある意味、特殊だといわれるのはそこなんですね。

    「心の殺人」というのも、まさにそこなんです。

    使い捨てされたような価値のない人間として、どん底に突き落とされるわけですよ。


    どん底に突き落とされた被害者に対して、周囲はその内批判してくるんです。

    そして「だから、あんたは憎む相手が違うでしょう」ってね。説教してくるんですよ。

    またそれが一見善意の説教だから性質が悪いんです。

    何故、見も知らない貴方を納得させる必要があるんですか?

    被害者からすれば、何て傲慢な傍観者だろう、って感想です。

    貴方のいうように「無駄なエネルギー」を使わないで済む社会になってほしいと言ってるんです。

    被害者自身も、何故犯人以外の周囲にこんなに苦しまされなきゃなんないのか、

    これこそ「違和感」を通り越して「絶望」してるんですよ。

    正にそこを訴えているのに、伝わらない人には伝わらないんでしょうね。

    何か被害者に「自分を納得させるもの」を望んでおられるようなので。

    自殺にまで追い込まれる被害者は、加害者と社会・周囲の無理解に殺されたと同じなのですよ。




    被害当事者が苦しむ原因である「貴方にも落ち度がある、隙があった」っていう”レイプ神話”そのものだからです。

    その違和感こそが、被害者が苦しむ理由なんです。

    なぜ、加害者に「だけ」恨みや憎しみが向かわずに、周囲の人間関係・社会に向かってしまうのか。

    「孤立」がどれほど人間を苦しめるか解ってもらえないのでしょう。

    本来は「加害者だけ」に憎しみや怒りを集中すれば良いのです。

    しかし、ここが1番肝心なのです。

    被害者は、被害に遭ったあと周囲の人間関係に潰されるからです。

    セカンドレイプという言葉をご存知でしょうか。文字通り、性被害のあとも被害に遭い続けるわけなのです。

    これだけツラツラと書いたところでですね、書ききれないもの・思いって山ほどあるんですよ。

    理解を求めるのを前提にしてると、あまり攻撃的になってはいけない、とかでね、書けない思いもある。

    だたね、納得できるように説明しろと言われても、「お前なんかに解るか!」って気持ちもある。

    だから「納得できない」とか「違和感ある」と言われるとね、

    「勝手にほざいとけ!」ってなっちゃうんです。

    100歩譲って「貴方も同じ目に遭えば解ります」としか言えないですね。

    誰にも同じ目になんか遭ってほしくないんですが。偉そうに上から言われると、ついね。

    しかも、この方が読まれた被害者の本には、共通した思いが書かれていたわけですよね。

    ということは、周りの無理解こそがレイプ被害の本質なんじゃないでしょうか。

    お三方の本に共通されていると、このレビュアーが認めてる、

    それこそが被害の実態であり「真実」だと思えませんかね。




    話しは冒頭に戻りますが、小林美佳さんは性被害の実態などを講演しておられるそうです。

    今朝のテレビ朝日でスタジオに生出演されてました。

    私のほうはといえば、緊張と不安で心臓が苦しくなってしまったし、

    小林さんが今にも倒れてしまいそうで心配になってしまった。。

    気丈に応対していらして、胸が詰まりました。。

    小林さんは、この「絶対的な違和感」を何とかするために、闘っておられるそうです。

    私にも何か出来ないか、少しは考えますけど、ここで細々と書いてるだけで精一杯かなぁ。。

    さっきのうような、解ったような物言いで問い掛けられたら、場合によっちゃ激怒して暴言吐きそうですし。

    20年経ったって、そこは難しいな。

    怒りが爆発しちゃうかもしれないし、心臓が怒りで止まるかも知れない。

    それを押し殺してたら、また病気が悪化しちゃう怖さもあるかな。。

    公の立場になるってことは、こういう場合もそれ相当の振る舞いが出来ないといけないのでしょうし。

    私の考えとしては、被害当事者が実名公表しなくても構わないんじゃないかと思っているんです。

    前へ出られることだけが正しいってことじゃなく、ただ生きてるだけでも良いと思ってるので。

    被害当事者には、それぞれの回復の差があり、受ける影響の強さも人それぞれ。

    小林さん云々じゃなく、非当事者が「~~したほうがいい」とか「もっと訴えるべき」って言うのはどうでしょうね。

    余計な励ましに聞こえなくもないかな。

    小林さんも仰られてたように、まずは被害者が責められるようなレイプ神話を何とかしないと。

    誰にも被害を打ち明けられずに自分を責め続けている現実を変えてかないと。

    そのために1番身近な身内にすら、助けを求められない、求めても責められるという現実を知ってほしい。

    私も回復と共に、ここ最近で物事の捉え方が少し正常になってきたと思う。

    自分を大切にするってことを少し理解できたのかも知れません。

    今までの誤った捉え方に気付けるようになったんですね。

    自分のレイプ被害体験もそうだけど、それ以外にもあったこと。

    母親の不倫相手に性的な嫌がらせを受けていても、何もなかったように接していたこと。

    それどころか、そいつが亡くなったとき少しでも「かわいそうに」と思ってしまったこと。

    まるで受け入れてるかのような気持ちでいた。

    けれど、それは間違いで、そんな男を受け入れる必要なんかないと気付いた。

    それを庇わなかった母親に同情する必要もなかったってこと。

    気付いたら心が少し軽くなった気がします。

    ずっとずっと良い子を演じてきた自分を少し解放出来たような感じです。


    てかさ、性被害って単純に説明できるものじゃないんだから、簡単に違和感とか言ってくれるな、と思います。
    (それが結論かよ^^;)





    関連記事

    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    2019年2月プロフィール更新しました。


    誰も咎めない、哂いものにしない.
    全ての差別に反対することは不可能なことじゃない。
    だから自分の間違いに気付けるようになりたい。


    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー