FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「動物取扱業の適正化について(案)パブコメ集計結果:転載あり

    東京都動物愛護推進員をされておられる渡辺眞子さんofficial blogが、25日の記事で、
    先日行われた「動物取扱業の適正化について(案)」のパブコメの集計結果を報告して下さいました。
    私を含め、パブコメを提出した人たちは、もーう、待ちに待ったと思います。


    ここから転載させていただきます_______________________________________________

    『パブリックコメントの集計結果』




    「動物取扱業の適正化について(案)」にかかるパブリックコメント募集にご参加くださった皆様、どうもありがとうございました!
    こうして、お気持ちを形にしてくださったことに感謝します。
    詳細は後日、環境省のサイトにアップされますが、取り急ぎ、以下に数字だけ掲載させていただきます。



    深夜の生体展示規制及び展示時間制限に賛成 54,939

    深夜の生体展示規制に反対 119

    移動販売の規制強化に賛成(移動販売禁止すべきとの意見を含む) 43992

    現行基準のままとすべき(基準強化に反対) 105

    対面販売・対面説明・現物確認の義務化に賛成 59,786

    対面販売・対面説明・現物確認の義務化に反対 136

    犬猫オークション市場の動物取扱業への追加に賛成
    (「犬猫オークションの禁止」を含む) 58101

    犬猫オークション市場の動物取扱業への追加に反対 15,124

    8週齢未満の犬猫の販売(親等からの引き離し)は禁止すべき 43,295

    幼齢の犬猫の販売等について何らかの規制措置を講じるべき 19,099

    45日齢未満の犬猫を規制対象とすべき 31,408

    業界の自主規制に任せるべき 2,464

    現行基準のままとすべき 12,500

    犬猫の繁殖制限措置に賛成 57,474

    犬猫の繁殖制限措置に反対 34,753

    飼養施設等の数値規制に賛成 39,983

    飼養施設等の数値規制に反対 34,100

    動物の死体火葬・埋葬業者動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 37,983

    動物取扱業に加えるべきではない 81

    両生類・魚類販売業者を動物取扱業とすべき(両生類・魚類どちらかの場合も含む)
    36,519

    動物取扱業とすべきでない(どちらか一方の反対意見を含む) 27,134

    老犬・老猫ホームを動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 36、082

    動物取扱業とすべでない 22

    動物の愛護を目的とする団体を動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。)  31,393

    動物取扱業とすべきでない 446

    教育・公益目的の団体を動物取扱業とすべき(「登録業者と別の扱いで規制すべき」を含む。) 21,273

    動物取扱業とすべきでない 65

    関連法令違反時に登録拒否・取消を行えるよう法規制すべき 41,872

    関連時違反時の登録拒否・取消に反対 12

    登録取消の運用を強化すべき 45,493

    現行のままとすべき 8,200

    物園・水族館の業種適用除外に賛成 9,748

    適用除外に反対 25,689

    動物園水族館・動物病院の動物取扱責任者研修の緩和に賛成 2,458

    動物取扱責任者研修の緩和に反対 28,403

    犬猫以外の小動物等での説明義務項の緩和に賛成 6,642

    販売時説明義務の緩和に反対 27,949

    許可制を導入すべき 37,062

    現行のままとすべき 16


    転載ここまで__________________________________________________________




    いや、本当に今回のパブコメは凄く盛り上がったんじゃないでしょうか。
    私も初めて提出しましたし、意識が変わったのは確かです。

    何も変わらないよ、と諦めたらおしまいだということ。
    辛抱強く粘って粘って、物事を見極めていくことは人生そのものだと思いました。

    出来ないこと(理由)を探すより、
    出来ることをコツコツ続ける・・・・・、どこかで読んだ、誰かの言葉ですが。

    実際、多数決じゃない、とは言ってもです。
    前回のときは、ペット業界の組織票で圧倒的多数で『8週齢未満の犬猫の販売の禁止』が流れた事実・・・。

    これを多数決と言わないで何というのでしょう?
    数より中身重視なので、コピペなんかは読まないでカウントしかしないというけれど、
    利権・利益が絡む業界票だって、数で圧倒したわけで。


    うちら一般人は、難しいこと分かり難いなか、必死で調べたり勉強したり、
    気持ちはあるけど行動に出して貰えない層の人たちも意思表示できるように
    コピペしていいよ、ってサイトを作ってくれたり、
    利益云々じゃない『気持ち』で集まった数なんですから、
    役人も上から目線で「少しは勉強したら」なんてこと言わないでほしいですね。

    因みにこの集計は、個人12万2,138件、団体246件だったそうですが、
    ひとつひとつ役所の人が目を通している手作業だそうで、
    有難う御座いました。お疲れ様でしたm__m

    その内のどの位が業界の組織票だったかはともかく、こんなにも一人一人の気持ちが
    このパブコメに集まった。これは大きな前進じゃないかと思います。



    Image376(1).jpg

    あたいたちのために、がんばってくんにゃね!
    >>はいよ!
    スポンサーサイト

    小次郎の子守唄

    小次郎こと、コーちゃん。

    むかーしやってた、ロンドンっていうキャバレーのCMソング知ってる方、いますか?
    ♪楽しいロンドン、ゆかいなロンドン、ロンドン、ロンドン♪
    っていうの。

    これの替え歌で、

    ♪こ、こ、こ、の、コーちゃん♪
    ♪可愛いコーちゃん、ゆかいなコーちゃん、コーちゃん、コーちゃん♪


    っていうのを、コーちゃんの子守唄にしてます。
    コーちゃんは、この歌が自分のテーマソングだって理解してるので、
    ゴロゴロが更に大きくなり、ご機嫌さんになるんですよ♪
    ほんと、まじで。


    ほーーーんとに甘えん坊のコーちゃんは、3歳になったというのに、
    どんどん赤ちゃんのような子になっています。
    体つきも赤ちゃんみたいで、むちむち。

    涼しくなってきたので、タオルケットの中まで入ってくれて、
    一緒にねんねこしてくれます(-^〇^-)

    この時期にタオルケットって、まじで薄ら寒いんだけどね、
    布団じゃ暑いし、着るものも微妙な時期ですよね。


    コーちゃんは、とっても可愛い(*^_^*)
    コーちゃんは、とってもお利口さん!(^^)!
    皆ニャンそう^^


    コーちゃんも他の子たちも、私の言葉の95%は理解してますな!
    会話が成り立ちますからね。
    残りの5%は、遊びに夢中とかで、声が耳に入ってないときだけ。
    あとは、本当によく伝わってるんだよ>^_^<













    こんな感じで、うで枕の体制でも・・・・・・・・








    こういう風に、コーちゃんが逆さの格好のときでも・・・・


    私の腹の肉のなかに、顔をうずめて、思いっ切りふみふみしてくれます。


    時々、顔をのぞき込むと・・・・











    何とも言えない顔をして、おっぱい飲んでるときのように、ベロを丸めているんだよ^^

    ほんと、赤ちゃん!


    シロ母ちゃんは、子離れしてて 「シャー!!」って怒るけど、
    私は大歓迎で、拒まないから安心して甘甘してね♥



    Image262.jpg


    Image264.jpg


    Image267(1).jpg


    Image266(2).jpg


    こんときも思いっ切り甘甘して恍惚ちうだったため、
    寝ぼけた顔してるんだよ。

    いつも親ばかで、ごめんなさい(><)/

    転載『待ってたよ 3』

    うちのとらまるさんの記事を転載させていただきます。
                                


                          


    ___________________転載ここから______________________


                               『待ってたよ 3』








                                  待ってたよ







                   o0353052411515786912.jpg







                                ずっと待ってたけど














                         t02200330_0591088711515786913.jpg






                                  もう疲れたよ











                                 今晩 出発します










    ___________________転載ここまで________________________








    ・・・・・・福島は、もう寒い冬がそこまで迫っています・・・・・

    『置き去りにされた一人と一匹』転載

    「私に何の関係があるというのだ」というブログのノーマンテイラー邦子さんの記事を転載させていただきます。

    私はこの記事を読んで、強いショックを受けました。




    ______________ここから転載_______________________________


    「見捨てられた一人と一匹 地震と津波と原発事故のあとで」という記事がメール・オンラインに掲載されていました。


    つたがはびこる人気のない富岡の町。

    庭には腰のあたりまで雑草が生い茂っている。

    牛小屋では餓死した牛たちが横たわっている。

    鶏舎はウジがたかり、吐き気をさそう悪臭が漂う。

    原発立ち入り禁止地域で、政府の命令に反し、立ち去ることを拒否した

    農夫の松村なおと氏は富岡市の唯一の住人である。

    「癌にかかる可能性も考えたが、留まりたかった」アキという名前のやせた犬がいつもそばにいる

    53歳の男性は言う。

    「もし私があきらめて去ったら、それですべて終わりだ。

    とどまるのは私の責任であり、私はここに留まる権利がある」

    政府に反抗することがまれであり、皆の意見の一致を何よりも大切にする国において

    松村氏は異端である。

    彼の静かな抵抗は沈黙を守る何万人もの原発難民のジレンマに非常に大きなインパクトを与える。

    松村氏は置き去りにされた動物たちの面倒を見ている。




    「私達はすでに忘れ去られています。

    日本の被災地以外の地域の人たちはもう自分たちの日常に戻ってしまった。

    私達のことはなるべく考えないようにしているのだろう」

    市役所は安全な場所に移され、住民たちは仮設住宅に移るか、どこかへ引っ越してしまった。

    町は警察のバリアで封をされ、人間が住むには危険な場所だと公的に示されている。

    警察官は毎日見回りをしている。

    法的には立ち入り禁止区域にいる人間は誰でも拘留され、罰金を払わせられることになっている。

    しかし警察は松村氏のことを見てみぬふりをするということだ。

    過去には警官とは数回衝突したこともあったが。

    残っている人たちは何人かいたが、数週間前に最後の人間が出て行った。松村氏に猫を託して。

    古いモーターを使って電気をおこし、水は井戸からくみ上げている。

    缶詰か魚を釣って食べる。

    一ヶ月に一度か二度町に出て必要なものをもらってくる。

    見捨てられた犬や猫たちの世話もする。

    狼に似たアキも。

    何回か東京にいって政治家にも進言した。

    「なぜ私がここにとどまっているのか。牛を置き去りにして死なせることがどんなにひどいことか。

    家族の墓も守らなければならないと。しかし彼らは私の言うことなぞ聞いちゃいない。

    そんなとこにいるほうが悪いというだけでした」

    松村氏は一度だけ町を出たことがある。

    しかしそれは彼が村に留まる決意を一層強めることになっただけだった。

    「親戚のところにも行ったが私が放射能をあびていると恐れ、中にいれてくれなかった。

    避難所にも言ったが満員だった。

    これで私は十分にもとの場所に戻る理由ができた」

    松村氏は100万円の弁償金をもらった。農夫としての収入に比べればずっと少ない。

    原発が安定するまで先の保障はないそうである。

    第二次大戦で降伏を拒んでジャングルの中にいた日本兵士を自分になぞらえる。

    雨が激しくふってきた。多い茂った山を降りて水田に足を運ぶ。

    穂をつまんでため息とともに溝へ投げる。

    今年は水田からは金はできない。もしかして一生できないかもしれない。

    「最初は一人でいるのが奇妙だったが、とどまろうと決心したよ。もう慣れてきたしね」





    o0634039911506342575.jpg


    アキと村松氏


    この記事に対して

    「たった一人で多くの動物を救う。彼と彼の愛の行為に神のご加護あれ」というコメントが

    支持をたくさん受けておりました。

    松村さん、ご存知ないでしょうが、イギリスでこんなにあなたのサポーターがおります。

    本日もお越しくださり、ありがとうございました。


    _______________転載ここまで_____________________________




    コメント欄を読む限り、この松村さんが今現在どうされているのか、情報はないようです。

    これが現実なんですね。私たちに全く伝えられてない現実。

    国に直訴に行かれた松村さんも、国からは何も支援がない・・・。

    避難しない国民だから?言うことを聞かない国民だから?

    被災した当事者である松村さんは、被災者として失格なんですか?

    国が助けてくれないどうぶつたちを見殺しに出来ないから、自ら犠牲になろうとも残って命を繋げる人間を、

    国はまたも放置するのですか。

    このどうぶつ大虐殺事件を、なかったこととして葬ろうとしている国。

    私たちはこれから、どこへ向かって行こうとしてるのか。

    記憶の罪悪感

    *人によってはフラッシュバックが起こる可能性があります。ご注意ください。











    私が事件直後、父親に言われた言葉。
    「早く忘れろ」
    その言葉には、辛いことは早く忘れて、新しい人生をスタートさせて欲しいという願いと励ましがあったことは確かです。
    しかし今さっき、強姦されたばかりだというのに、今すぐ忘れろ、とは・・・。

    それからも父に会う度に、早く忘れなさいと言われました。
    親心として言っていることは頭で理解していても、父の本音としては、忘れない私に苛立っているのです。
    忘れないことをすごく怒るので私にとっては
    「忘れろ」という言葉が、ある意味、怒られることだと思うようになりました。

    だから、忘れないことは悪いことで、いけない事のように思うようになっていました。

    まさか父だって、記憶がなくなったみたいに忘れろとは言ってないでしょうが、
    思い出してしまうことも、それこそフラッシュバックが起こることも、許せなかったようです。

    とにかく、父は怖い形相で私に対して<何もなかったかのように振る舞い、生きろ>と強要したのです。



    そして、今の私も、心の中にある「過去の強姦について、考えること、言いたい気持ち」、
    『忘れていない自分』に対して、罪悪感を持ち続けているのです。

    過去について書くこと、話すことが、なにか悪いことのように感じながら
    ここで書いているのです。

    一般的にも、過去を引きずることはマイナスなことで、ネガティブな感情だと言われているようですが、
    じゃあ、果たして私はどのくらいネガティブな世界で生きているのかな。

    私がここで過去のことを書くことや、現在起きている事件などで、どうしても言いたいことを書くことは
    どれだけネガティブな事なのかな。
    分かりません。


    ここで過去について書いている理由は、ただ単に、自分のためです。
    誰かの、なにか力になろうとか、そういう大それた気持ちはありません。

    本当に自分のためです。
    申し訳ないくらいに、自分のために書いています。

    こうして書くことが、自分を解放させる手段のひとつになっているだけなんです。


    だから、過去をいつまでも忘れないとか、こだわるとか、
    父には理解出来ないかも知れないけど、私にとってはプラスになっているんですよね。


    性暴力被害者で実名で活動しておられる小林美佳さんが以前、テレビで、
    <母に、あなたはいつまでこのことに拘るの?>と言われたと話していました。

    んん、私だけじゃないのかな?

    小林さんの場合は、ご自身が講演などの活動をしてらっしゃいますが、
    私なんか何も活動してないし、ただここで書くだけ。

    人の為にやってない。

    でも、いいじゃないか。と、思う。

    自分を癒すために書いてたって。
    ここで書いて、頭を整理して、公開して、少しすっきりするからです。

    ここに書くときだって、なんか言い訳してからじゃないと書きにくいような気持ちになっていたんです。
    手を変え品を変え、空々しい言い訳を作っては自分で寒気を感じていました((((;゚Д゚))))
    それが今回、嗚呼、父が言っていた「忘れろ」を守っていないからなんだな、と気付きました。


    そして世間一般的に、過去を思い出し続ける行為はあまりというか、かなり推奨されないので、
    私って、褒められたことはしてないんだろうな、自分は後ろ向きなんじゃないか、と
    ありのままの自分を受け入れられない気持ちになっていました。

    私は過去に縛られているんじゃないか?


    でもでも、やっぱり自分に正直にならないと、自分は解放されない。
    縛られていようが、こだわっていようが、そして、これに終わりがなくてもね、
    自分に正直にしてたほうが、楽だなと思ったのです。

    暇があるとロクなこと考えない・・・・とか言うでしょ?
    だから、過去のこと考えるとき、私って暇なの?って思ってたけど、
    やっぱり忙しくても思い出すので、これは関係ないと分かりました。


    恥ずかしいことじゃない。
    どうやったって忘れられないんだし、湧いてくる感情はどうしようもないんだし、
    それも本当の自分だし、だからって『今』を生きてない訳じゃないし。


    自分のために自分の人生を生きなきゃいけない。
    そのためには、父や世間の目なんか気にしてたら息が詰まっちゃうよ。
    と、もう開き直ることにしました。



    自分では良いことに気が付いた!なんて思いましたが、
    こうやって図太くなっていくのかな・・・・・(´ε`;)

    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    ~またプロフィール更新しました~

    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。