FC2ブログ

    Tommy can you hear me?

    注)人によって、フラッシュバックが起こる可能性があります。ご注意ください。




    ザ・フーのピート・タウンゼント、児童虐待問題に踏み込んだ自伝を出版へ!



    The+Who+thewhomods.jpg


    The Whoのピート・タウンゼントの自伝 『Who he?』が、
    ついに来年の2012年に出版されるという情報を知って、
    この頃ピートのことをいろいろ考えてたところだったので感激しています。


    ピートはこの自伝を執筆するにあたって、2003年に児童ポルノサイト観覧による
    不当な画像所持・配布の疑いで逮捕・不起訴になりました。
    私はその経緯がキッカケでピート自身の性虐待被害を知ることになり、
    何か他人のような気がしない、というか、ある意味、同胞として、彼の音楽をより愛するようになりました。


    彼の主張を信じるか信じないかは、人によって違うと思うし、
    自分としては、特別クラスで好きなミュージシャンだから、良い方に信じたいという気持ちがあることは確かです。


    (ここで今、児童ポルノ規制法など日本でも議論になっている事柄については、
     また別の機会に書きたいと思います)


    ピートがこの自伝を執筆する際に、ネット上に溢れている児童ポルノを調べようとして
    サイトを観覧したことについては、不十分な文章ですが以前、ピート・タウンゼントの過去で書いた通りです。
    因みに、出版される自伝の中で、この時の児童ポルノサイトについても詳しく触れている事をピートのインタビューで読みました。




    ロックオペラ『Tommy』は、ピートの自伝的作品だと言われて来ました。
    私が初めてトミーのアルバムを聴いたとき、曲(歌詞)の内容の本当のところは英語だし解らなかったけど、
    何故かとても伝わってくるものがあり、聴きながら号泣したことを覚えています。


    近年のロジャー・ダルトリーのインタビューによると、
    映画『Tommy』で、キース・ムーン演じる「アンクル・アニー」は、
    何とも悲しいことに、まだ5歳だった幼いピートに対し、
    性虐待をしていた実際の人物がモデルになっていたのだそうです。


    その事実を知って、私はTommyという作品が何だったのか納得できました。


    tommy3.jpeg



    see me   feel me   touch me  heal me
    僕を見て 僕を感じて 僕に触れて 僕を治して・・・


    見えない、聞こえない、話せない世界で、アメージング・ジャーニーする幼いトミー。


    「お前は何も見ていない!何も聞いていないし、何もなかったんだ!  
     誰にも言っちゃいけないよ  何もなかったんだから!」

    このような大人の圧力、または無関心のなかで、
    でも、こころの中で、必死に救いを求め叫んでいる。
    ピートに実際、このような大人たちの圧力があったのかは分かりません。

    けれど、多くの性暴力被害者がそう感じ、察するように、ピートもそうだったのでしょう。
    これは言葉ではない、無言の抑圧であり、絶対に誰にも言ってはいけない、
    くちにしてはいけない事なのだ、と被害者は悟るのです。


    これは体験者にしか分からない、知り得ない、全く理不尽な無言の暴力です。


    tommy1.jpg

    トミーが成長しても尚、心の中で助けを求めるだけ。
    そしてトミーはピンボールに自我を求め、自らを癒し始める・・・。

    これって、まさにピートの生い立ちと重なるのではないでしょうか。
    自伝を読むまえなので想像に過ぎないけど、自分の半生をトミーに重ね描いたなら理解できます。



    images.jpeg



    ピートはwhoで創作すること、曲を作ること・・・、表現することで、
    自分自身を癒していたのじゃないかな、と思ったのです。

    Tommy
    Quadorphenia
    この2つのビッグアルバムに共通する、ピートが背負っている心の闇、
    言葉では足りない・出来ないものを、ギター、ドラム・ベース・歌声で伝えていたんだ!と私は感じました。
    このピートの言葉にならない闇の世界を、他のメンバーが一緒に表現してくれたことは、
    ピートが生き続けていくうえで、どんなにか重要であったろうことも想像できます。
    本当に涙・・・・。


    ですから自伝に15年の歳月をかけたこと、
    特に、この自伝でピートの子ども時代を書くことに、7年もの時間をかけて執筆したこと・・・。


    66歳の今もなお、表現し切れない、言い尽くせない想いを抱え、
    自伝を通じて自分が生きてきた軌跡を書いたということに、本当に涙が出てしまう・・・。

    これほどまでに性暴力被害というのは、長い時間、たった一度の人生の貴重な時間を
    苦しみと苦悩で費やしてしまうのだ、と、多くの人が知るきっかけになったらな、と思う。





    ピートの勇気に感謝。早く読みたい!
    きっと私にとって、大きな人生の指針にもなるし、ピートと共にあるもの・・・、
    ピートと共有する苦しみを持つ、それが自分の励みになると思う。


    See me Feel me ワイト島ライブ'70



    も~~う!

    も~~~うダメ!

    禁断症状が・・・・・(*_*)

    ジミー・ペイジの観ないと、もうダメ~~~!

    頭の中で、フレーズがぐるぐる回るよ~~~~~誰か止めて~~~~!
    なんちって。


    あたしがu-tubeの動画をアップすると、暫くしてその動画が削除されてしまう現象をなんと言うのでしょうか?

    通報・・・・・・しますた???現象???

    削除されたらもう観られないでしょ。でもアップしたいでしょ。ドキドキ・・・・ハラハラ・・・・・

    まあね、アイチューン?だっけ。あれでダウンロードすれば良いのかも知れないけどね。。

    でも、あれでダウンロードしたらパソコンがめちゃくちゃ重くなって、動かなくなっちゃうのよ。

    痛し痒し・・・・・(・・;)

    まあね。ここで敢えて動画をアップする意味がどこにあるのか・・・・・分かりませんが。

    だって単に自分が観たいだけだからね(^┰^;)ゞ

    一刻も早く、観たいの!あーーーーー、観たい!

    勝手に観ろYO!って話しですね(;・∀・)でも、やっぱアップしたいなー。


    やっぱ、やめとこ♥

    ジミー・ペイジ!エレクトリックギター!

    ここんとこ、書きたいことが多くて、結局なんにも書けません!

    アホでしょ~~?

    どうせ大したこと書かないんだけど、自分の趣味の話しだしさ(^Д^)ナハナハ

    どうやら私は、物事を短くまとめて書く能力がないようなのです?

    ほれ、もうこんな意味ない文章で5行も使ってるでしょ。ナハナハ

    多分、書こうと思ったことをスクロールなしで読めるように書けば、3つは更新が出来るというのに。





    えっとお。

    そうだった。ジミー・ペイジのこと書きたいの!


    ジミー・ペイジ・・・・・・、大好きなんです。

    もう15歳のときから、ずっと。。。

    んで、最近zeppelinの映像を観てます。んで、あたしビックリしちゃったの!

    ちょっとジミー・ペイジのこと検索してたらね、なんと、彼のギターがヘタだとか言われてるじゃん!

    何でも?もともとヘタ気味なのに、格好付けて腰の位置までギターを低くして演奏してるから

    img_48668_1433777_0.jpeg



    余計にヘタに聞こえるだってよ。

    んなろーーーーー!

    初めてそんなこと聞いたよ。知らなかった・・・し、知りたくなかった・・・・。

    外野が ガヤガヤうるさいのだ。


    いーじゃん、別にヘタじゃないし。

    本人はそういう周りの評価とか気にも留めてないようで、昔読んだ本のインタビューでは
    <クラプトンは、自分がトップギターリストに入ってないと本気で落ち込むんだ。
     俺には分からないね~> なんて言ってた記憶もあるなあ。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・上記の訂正*・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    このインタビューで語ったのは、the who のピート・タウンゼントでした><
    ピートがクラプトンについて語ったエピソードでしたよ(ピートとクラプトンは仲良しで、
    映画『Tommy』でクラプトンが友情出演してくれた)。
    すみませんです。私も書いてて何とな~く自信がなかった。
    ピートが話したことだったと、ハッと思い出しました。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・訂正ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



    とにかく私ね、テクニックにばっかこだわる連中ってキライなのだ!

    テクニックで音楽を語るなかれ、だ。

    聴いた人を感動させたら、それでOKなんだよ。だってそこには魂が込められてるんだからね。

    音楽は、ココロで 聴くもんだしょ?

    目を閉じてごらん。ほら、聞こえるだしょ?ココロが 波うって熱くなるの感じるだしょ?

    (^┰^;)ゞなんちって


    jpf02.jpg


    ジミー・ペイジで検索してたら、zeppelinが日本に初来日したときの話がありました。

    なんでも、zeppelinのメンバーは広島の原爆ドームに訪れたそうで、

    そこで強いショックを受け、広島公演の売り上げ700万を被爆者に寄付したらしい。

    その後の会見で ↓↓(うろ覚えです、読んだサイト失念)

    『戦争は二度としてはならないと思った。原爆を落としたのはアメリカだが、
     原爆を作ったのは人間だ。
     人間の一人として、申し訳ない気持ちでいっぱいだ。』と涙ながらに語ったそうです。


    メンバーの乱痴気騒ぎも有名だけど、こんなことがあったなんて知らなかった。

    で、今年の3月、ジミー・ペイジは長崎の美術館で行われた60’~70’の

    ポップカルチャーの展示会にギターや衣装など提供して、更にトークショウもやるはずだったんだけど、

    福島第一原発事故を受けて、英国政府の自粛勧告で来られなくなったそう。

    本人は<僕は老い先短いから行きたかったけど>と、強く来日を希望したらしいんだけど

    家族の猛反対もあったらしい。

    広島の原爆ドームにはzeppelin時代に行ったけど、長崎は行ったことがなかったので、
    特にその気持ちが強かったんだって…。


    0712103.jpg


    jimmy39.jpg
    これ↑PCのデスクトップ画像に使ってます^^



    今の時代、これに限らず、こういった知らなかった情報が手に入る反面、

    ネットでは色々な噂とか悪口とか平気でいっぱい書いてて、目に入って来るけど

    なんか嫌な気持ちになるよなぁ。


    そうそう、昔、従姉妹とジミー・ペイジが彼っちに似てるとか似てないとかで盛り上がったことがありました。

    従姉妹がいうには「でもジミー・ペイジってさ、優しそうな花屋さんみたいじゃん」だって!

    そう言われてみれば、ニコニコ笑顔で花を売ってても変じゃないなぁ・・・(´▽`*)

    パブコメ:家畜伝染病予防法施行規則の改正等についての意見

    9月4日まで。
    農林水産省にパブリックコメントを出しました。
    「家畜伝染病予防法施行規則の改正等についての意見」についてです。
    私が出した意見は、これ↓↓

    送信しちゃうと何書いたか忘れちゃうから、ここに写しておきました。





    「家畜伝染病予防法施行規則の改正等についての意見・(案)」


    口蹄疫、高病原性鳥インフルエンザ等の伝染病が幾度となく繰り返される背景には、畜産動物の飼育環境が大いに関係しています。
    これらが頻繁に発生している地域は、日本の中でも常に生産量上位にあり、飼育数も莫大であることが分かっており、まさにこれが健康被害の原因であると考えます。

    しかし、いくら畜舎を完全密閉し外気を遮断したところで、根本的な予防・解決にはなりません。
    家畜を密飼いし、家畜に多大なストレスを負わせ、抵抗力や免疫力を著しく低下させている限り、これからもこういった伝染病はなくならないでしょう。
    先ず、過密の度合いについて具体的な取り決めを早急に提示することを求めます。
    牛・豚・羊など一頭に対し、立つ・座る・寝転ぶ等が最低限スムーズに行えるスペースを確保し確立すること。
    または、広さの問題から難しいのであれば、せめて畜産動物たちが蓄舎内を自由に移動出来るような自由を与えること。
    鶏に対しても、ケージ飼いしか出来ない農家には、最低でも鶏がケージ内を少しでも自由に歩けるスペースを確保させること。

    鶏インフルエンザや口蹄疫などの伝染病が起こる度に、無駄に命を殺生(殺処分)することに掛かる費用、農家などに補償金として支払う費用を考えれば、この根本的な飼育環境改善のために国が農家に援助金を出すことのほうが建設的であり、抜本的な解決に繋がると考えます。

    また、家畜といえども命ある動物です。
    身動きひとつも自由に出来ない環境で一生を過ごし、人間の食料となるからといって劣悪な環境のもと、動物の尊厳を奪うことは動物虐待であります。
    こういった観点からも畜産動物の飼育環境の抜本的解決を目指すべきであります。

    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    ~またプロフィール更新しました~

    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー