FC2ブログ

    説明できない難しさⅡ(フラッシュバック注意)

    まずはじめに。
    落ち込みなんか、全然ないんですよ。
    まったく不安定にもなっていないんです。
    心はほんと、元気で問題なしなんですよ。

    なんでか分からないけど、時々ですね、
    昔の私がふっと現れて 「わたしのこと、忘れないで。私の気持ち、忘れないで」って
    話しかけてくるんです。
    急なフラッシュバックも、頻度はめちゃめちゃ低いですが今でもいきなり起こります。
    けど、一瞬凍りついたりするものの、あっという間に元に戻って元気ちゃんになります。

    「ごめん、ごめん。忘れてなんかいないよ。忙しかっただけ。
     今の自分なら、昔の気持ちを話しても、回復する力があるから問題ないよ」
    っと、格好つけて言えばこんな感じで『過去の記憶』を唐突に書いてたりしますがどうぞヨロシクお願いしますね。










    以前、ここで説明できない難しさを書きました。

    「性犯罪被害に遭うということ」という本のレビューに対して、
    私なりの意見を書いたものです。
    今回は自分のケースを補足的に書きます。


    下記は、レビューの一部です。

    <これまでにも私は、「心を殺された私」(緑川実沙・著)や「御直被」(板谷利佳子・著)などレイプ被害者の関連書籍を読んできたが、本書を含むどれをみても被害者は自分の運命を呪い、周囲の無理解を嘆き、「早く立ち直らなければ」と考えるばかりで、肝心の犯人に向けての怒りはほとんど無いかのようなのだ。この著者も、未逮捕の犯人に対して「お願いだから反省していて」などと記していたが、これには違和感を通り越して、唖然とさえしてしまった。
    なぜ、犯人に対し激しい怒りを持つと同時に、その発見・逮捕に向けて死にもの狂いで努力しようとしないのか? 
    あるいはこれも男女の性差・それぞれ本来の感覚の相違から来るものなのかもしれないが、私にはそれ自体まったく理解出来なかった。この著者は憎むべき相手を間違え、見当違いのところで無駄なエネルギーを使ってしまっている。ひどい言い方かもしれないが、何度読み返しても私にはそのようにしか思えなかった。 >


    この方が被害者に対して抱いた疑問、違和感。
    改めて読み返すと、自然なのかも知れないな、と思いました。

    事件の被害者って、普通は犯人に憎しみや怒りを持つものでしょう?
    なのになんで性被害者の多くは、<自分の運命を呪い、周囲の無理解を嘆くのか>

    その「何故?」の部分に関しては、もう書いたのでここでは書かないけど、
    そういえば・・・私も・・・と思う経験があるんです。

    事件があってから2年が経とうとしている頃、
    私は無料法律相談に行ったことがありました。

    担当の弁護士に、事件の概要を話したんです。
    その内、私は父にも全く理解されないことを話すうちに、号泣しはじめてしまいました。
    「誰も分かってくれない。みんな私を責めるんです。父にも首くくって死ねと言われた」と大泣きしながら訴えました。

    まあ、この頃はまだ病院にも行ってなかったし
    弁護士はカウンセラーじゃないので、そんなことを言われても困るんでしょうが。
    つい感情的に泣いてしまったわけです。

    そして弁護士に言われた言葉。
    「貴方さ、犯人より父親のほうが憎いの?
     聴いてると犯人に対する怒りがそれほど伝わって来ないんだけど。
     裁判したいんでしょ?何がしたいの?」

    その言葉を聞いて、私は発作的に
    「もういいです!どうせ分かってくれないでしょ!」と怒鳴って出て行ってしまいました。

    ある意味、図星だったから。
    頭の中は混乱していて、私の怒りは何なのか自分でも理解出来ていなかったんです。

    裁判したい気持ちがあったからこそ、法律相談に行ったのだし、
    刑事事件は時効でダメだけど、民事なら3年ぎりぎり間に合う。
    この時を逃したら、一生訴えることが出来なくなるという焦りもあった。
    だから、慌てて相談に行ったんです。

    今だって、この事件のことを理路整然と話すことは出来ないと思う。
    あっちこっちに感情が飛び散ってしまうだろうし。
    場所によって、相手によって、うまくまとめて整理する作業が必要だったのでしょう。
    その時の私には、整理して話すことなんか、思い付きもしませんでした。

    泣きながら一旦家に帰ると、
    「弁護士さんに失礼だから、戻って謝りなさい」と、さっきの相談室から電話が掛かってきました。
    納得はしてないものの、「大人げない」と言われたからには謝ろうと思い、戻りました。

    弁護士に謝り、さっきの話しについて弁護士が
    「やっぱりねぇ、いくら親とは言ってもね、何しても可愛い子と、可愛くない子って居るんだよ」
    と笑いながら言うんです。
    嗚呼、やっぱり私は可愛くない子だから、父に憎まれているんだなと確信しました。

    もうこの時は、裁判したい気持ちなど消え去って、
    他人から見ても、親から愛されない子どもだと角印され、
    突き付けられ、ただただ放心状態でした。
    そんな親にも愛されない自分が、自分の尊厳のために裁判で闘おうなんて無茶苦茶な話しなんだと。

    他の方のケースは分かりません。
    あくまで自分のときは、こういったそれまでの家庭環境や心理状態があって混乱していて、
    弁護士という客観的な立場の人間にも、
    犯人より身内のほうが憎いのか?と訊かれた事実があるということです。

    犯人に怒り憎しみが行かないわけじゃ全くなく、
    勿論、犯人は人生をめちゃくちゃにした張本人ですから、
    今でも時々思い出すと、言葉に出来ない感情が疼きます。

    「お前のせいで結婚出来なかったよ!娘のことなんか心配して損した!」と
    大声で言ってやりたい気持ちも正直あります。
    自分でも、あいつのせいじゃなくても結婚出来なかったかも、と気付いてるから
    めちゃくちゃな事を言ってるんだろうけど、そういう、めちゃくちゃな事を言ってやりたいんですよ。

    なんだろう?
    私のような事件とか虐待とか関係なく、心の病気になった人は
    怒りの矛先を向ける相手がいなかったりする人もいるわけですよね。

    それは辛いだろう、と思うときがあります。

    でも、この犯人に怒りが・・云々の問題を説明するとしたら、
    例えば、心の病気をすると周囲の理解がとても重要だったりするわけです。
    理解がないと、病状もなかなか回復してくれないし、凄く辛い立場で居続けることが多いですよね。

    病気になった原因を見つけて解決の方向へ持っていく(消化・或いは乗り越えていく)のも重要だし、
    身近にいる人の理解などが、患者さんを癒していく・・・・っていうのも重要だと思うんです。

    だから、私の事件でも犯人(原因)を知り、周囲の理解(見守ってくれる環境)があれば
    回復に向かう可能性があるんじゃないか?それが大きいんじゃないか?と思うのです。

    勿論、犯人に法的な裁きを受けてもらうことも、被害者にとって重要な事の一つです。
    人を強姦しておいて、法にも世間にも裁かれず、のうのうと生活を送っていることは
    被害者を苦しめるし、あっては成らないことです。

    強姦事件は、被害者が当然の権利である告訴すら行使するのには大きな壁があり過ぎます。
    殺人の次に重大犯罪であるにもかかわらず、どれだけ多くの犯人が野放しになっていることでしょう。
    それは告訴しない被害者に問題があるのではなく、事件の特殊性と日本の司法に問題があり過ぎるからです。

    因みに、冒頭のレビュアーさんの仰る
    <その発見・逮捕に向けて死にもの狂いで努力しようとしないのか? 
    <あるいはこれも男女の性差・それぞれ本来の感覚の相違から来るものなのかもしれない>

    という行は明らかにこの方の知識不足であると思います。
    女性だから出来ない、ではないのです。
    性犯罪の特殊性が起因しているのです。

    更に言えば、男性が性被害者のケースは
    最も事件が明るみに出にくい特殊性をもっています。
    このレビュアーは男性のようですが、同性間でも当事者の苦悩は理解されにくいのだと感じます。

    私から見ると、男性の性犯罪被害者の方々は
    その存在すら、この世から最も抹殺されているように感じます。
    これからの時代は、男性の性被害者の方々の苦しみの実態に目を向けて頂きたい気持ちでいっぱいです。

    あとは個人個人の感覚の相違と仰っていますが、
    まぁそれは有るでしょうね。しかし、それほどの違いはないように思います。


    今回もうまく伝えられなくて、まとまってないのが分かってます。
    やっぱり説明出来ないんですよね。
    犯人に対する憎しみ怒りが足りないと言われても・・・・・、
    無いわけじゃない。
    あるのは勿論なんだけど、何かそれだけでもない・・・・・。

    私の場合、犯人はもう既に自分の中では、消えてるんですよ。
    居ない存在というか。。。
    お化けのような亡霊のような、、、得たいの知れない存在というか。。
    フラッシュバックは鮮明なのに、ほんとにおかしな感じ。

    自分の中で、あいつのことを殺したのかも知れない。
    そんな感じのなのです。




    こんなに長い文章、読んでくださり有難うございましたm(_ _)m

    母ちゃん、いらっしゃい

    ♪母~は
     来ました~~~~♪
      今日も来た~~~~♪


    あれ?
    私に母がいたっけかな?

    ・・・・うーん、居るよ*^。^*)

    まぶたの母がね(#^.^#)
    「おっかぁ~~~」と呼んでる昌子さんです♪



    いまを遡ること・・・・・7年ぐらい前・・・・・。

    今住んでるマンションに引越してきて、最初の年に、
    苔兄ちゃんがパソコンを買いました。

    そのパソコンで、ある夜、楽天フリマを覗いて遊んでいました。

    ありゃ!めちゃ可愛いキャミソールが500円で売ってるじゃん!
    欲しいな~、買ってみたいな~~。
    出品者さんの情報を見てみると?
    「パニック障害とうつ病で療養しています」という感じで書いてあった。

    「おお!この方も病気なのか(;_:)」

    そのフリマでご縁が出来たことがキッカケになり、
    私の第二の人生が動き始めていたことに、この時は気付かなかったんですけどね。

    そして1年ぐらい過ぎ、私の人生最後の自殺未遂の後、
    私はここでこのブログを始めるようになりました。

    そのころの鬱状態はまだ深い状態にあって、リストカット等は日常的でした。
    おっかぁは、そんな私を本当に心配してくださり、「みぃちゃんをまるで娘のように思う」と言ってくれたんです。
    それで、お母さんと呼ばせてもらうようになって、お母さん→おっかさん→おっかちゃん→おっかぁと
    呼び方も変わっていったのでした>^_^<


    ブログでこうして自分の気持ちをさらけ出す場が出来て、
    私はたくさんの心あたたかい人たちに支えてもらい、励ましてもらい、
    本当に初めて人の温かさに包まれて、第二の人生を歩き出せるようになりました。


    前置きが、めちゃめちゃ長~~~~~くなりましたが、

    そして、ついに!ついにですよ!
    その恩人である、おっかぁが東京に上京することになり(しかも一人で!)、
    我が苔丸邸に泊まりに来てくれたのじゃよ~~~~!!!!!

    一旦は会うことすら出来なくなってしまう状況にあったのが、
    色んな巡り合わせの結果、おっかぁに泊まりに来てもらえることになったのよん(ToT)/~~~


    おっかぁは、とっても可愛い感じで、本当はお姉さんというくらいの年なんだけどね>^_^<
    いっぱいいっぱい話したよ♪
    んで、いっぱいいっぱい笑った♪
    んで、おっかぁのスケジュールが余りにもハードなもんだから
    うちでは、出来るだけゆっくりまったり過ごして頂きました。

    ふたりでゴロン~ゴロンしながらさ、いろんな話ししてるとね、
    本当~~に、幸せ気分だったですよん。

    こんな機会なのに、ちょうどウチがMAXに厳しい財政だったので
    文字通り何にも全く御持て成し出来なくて、申し訳なく思いました。
    せっかく、おっかぁと会えるってのに、ご馳走でもなんでも持て成したかったのにな・・・・(;_:)

    おっかぁと(ToT)/~~~バイバイするとき、
    思いっ切りハグハグしてくれた;;;;

    「ひとりでよく頑張ったね;;;」その言葉がグッときたよ。
    おっかぁ、また会う日まで!会えるときまで~!別れのそのわけは~~話したくない~~♪
    って別れじゃないけんね(*^。^*)
    今度は、オイラが新幹線で行くからね、待っててね!

    おっかぁに色んな話しをしてもらって、今ある悩みなんかが解決しちゃった☆
    自分が楽になる気持ちの持ちようってのは、おっかぁが血が滲むような苦労をしたからこその
    説得力あるものでした。

    これでこれからの未来は、めちゃんこ明るくなるという確信を持ったのだ。
    有り難う!!!おっかぁ!!!!

    おっかぁの笑顔と可愛さって、不思議な魅力があるんよね。
    壮絶な半生だったとは分からないくらいに。
    いや、逆なんかな?



    まだ東京で、あちこち行って大変だと思うけど、
    楽しい旅に成りますようお祈り申し上げます(*^_^*)

    写真を1枚も撮ってなかった・・・・すっごい後悔!
    あたしのバカバカン!

    私たちの責任~『最後の土下座』(転載記事)

    ツイッターで毎日毎日拡散されてくる・・・。
    保健所で殺処分という、命の『期限』をつけられている犬や猫の動物たち。
    今日はウサギも処分間近との情報が。。今年の干支で人気が出ましたからね。危惧してた通りです。

    一度でも保健所に収容されている子たちの様子を見たことがある人なら、
    言葉にしようのない、無力感や絶望感に襲われたりしますよね。

    あそこから救い出したい気持ちは、みんな同じで、
    でも現実にそれは不可能なことばかりで。。
    出来ることは預りさんや飼い主さんを求める情報を拡散するだけ・・・。

    あの子が気になって眠れない・・・とか、あの子を救えなくて己の無力さを責めたり。
    そういう気持ちは、大体の人が共通して感じているみたいです。

    だからって、全てを諦めてしまったら、もっと救われない。
    続けるしかないんだ、微力でも続けて行って、変えていかなきゃ、と自問自答する。

    本当に無情の世界です。
    年老いたから、病気になったから、引っ越すから、という理由で、
    ただ一生懸命、健気に命をまっとうしようとしている動物を捨てに来る。

    「殺されてもいいよ、仕方ない」
    なんと冷酷な仕打ちだろう。
    あの子たちは、自分が何故、ここに連れて来られたのか、
    何故ここで他の子と一緒にいるのか、分からないんです。

    「ここから出して!僕は何でここにいるの?」
    そう言ってる気がします。
    みなさんも、そう思いますよね?

    私の父は犬が大好きです。
    そして、父なりの犬への愛しかたは、古い昔の其れです。

    つまり、犬は番犬であり、外の檻の中で鎖に繋いで飼うものであり、
    家になんか入れると、ションベン臭くなる、と言います。

    フィラリアの予防注射という知識もないのです。

    「夏なんか大きい木もないのに、どうやって日差しを避けるの?」と訊いても
    「ばーか、犬っていうのは賢いんだから、涼しい所を知ってるんだよ」といいます。
    「でも、鎖が10メートルもあるわけじゃないでしょう?1mしかない鎖で、どうやって日差しから逃げられるの?」
    と食い下がっても、大丈夫なんだよ、の一点張りです。

    現在、幸いなことに父は犬を飼っていません。
    しかし、いつかまた飼いたいと話していました。
    もしその時が来たら、私はどうしよう。そんな飼い方じゃダメだと説得・阻止出来るだろうか。

    やっぱり、飼い主に対する教育が重要だと痛感します。
    昔ながらの飼い方もそうだけど、さっきのウサギのように、その時に流行らせた動物を
    物のように衝動買いしたりする人間の身勝手さが、動物たちの不幸の根本にあるからです。







    ガンマンさんのブログ、今日と いう名の 明日から記事を転載させて頂きます。

    『最後の 土下座』

    ここから転載_______________________________




    この子たちは 座っているわけでは ない。。。


    この子たちは 哀願をしているのだ。。。


    日本の社会に


    捨てた飼主に


    『ぼくらを ここから出して』と


    土下座を してお願いしている。。。


    拘留最終日経過の この子たちが。。。

    ganman1.jpg




    今日と いう名の 明日


    最後の願いを 込めて必死に 助けを求める前列の子たち・・


    後ろの子は 


    『お願いします 助けてください』


    と 土下座をしているように私は見える・・




    誰に捨てられたかなんて もう どうでもいい


    なぜ ここにいるのかすらも どうでもいい


    ただ・・


    『チャンスを ください 僕たちに』


    ただ


    『時間を ください 僕たちに』


    と・・


    訴えているように 私には見える ・・・



    だれか教えて ください


    この子たちに なぜ命日が 決まっているのか・・


    彼らは いま ここで元気に 生きているでは ないか・・


    2011年 6月19日 夜・・


    千葉動物愛護センターで最後の夜に なってしまう


    この子たちがいる


    捨てた飼主は のんびり風呂でも入って


    この子たちは 命の限界風呂で心を凍らせている・・


    この土下座を・・


    明朝の 血反吐はき白目むく姿を 見させてあげたい・・



    どなたか 保護余裕のあるかたいませんか・・


    どなたか 1本の電話を出来るかた いませんか・・


    わが無力さを 再確認させるだけの記事だけに終わってしまったのなら


    せめて 彼らの(生きた証し)として


    顔を 覚えてあげてください。。


    辛い記事だけに なったのなら 申し訳ありません (__)


                          2011 6 19

                                    ganman

    転載ここまで_______________________________

    追記*
    ちばわん愛護センター・レポート

    こちらに詳細が載っております。
    もし、救える方が居られましたら、問い合わせは、こちらの「ちばわん」までお願い致します。
    愛護センターへの問い合わせ等は、こういった活動に支障を来たすことになるそうです。

    史跡めぐり・・・チェケラっちょ!

    めずらしく二日続けて更新しちゃうよ!

    というか・・・告知?

    誰の?


    それが・・・・コケのだったりして~(^。^)


    近々、苔丸外伝という閑古鳥がカーカー鳴いているブログで、
    本日の、わが兄妹の珍道中が、億面もなく更新されるでしょう!るーるーるー


    コケの巣で巣立った閑古鳥は、私のブログに越冬しに来たのかな?
    そうらしいですぅ(´▽`*)アハハ

    む・・・むなしい・・・・し、
    る・・・るなしい・・・・o(TヘTo)


    あのねー、ぼくねー、んとねー、

    土曜日は、めちゃくちゃ体調悪かったの。
    でもねー、
    掃除、洗濯、買出し、炊事、やることいっぱーいで、クタクタになちゃた(^。^;)

    だけどねー、毎日のことだけどねー、
    やっぱし4時間寝たら、起こされましたー(;´Д`)

    んで、日曜に4時間ぐらいしか寝てないつーのに、
    コケが何やらやる気マンマンで、史跡巡りに行くぞーーーー
    俺の新しい趣味だーーーーーってんで、
    Wキャブに乗って、行きましたー。

    私は、カメラ担当なのでーす(・∀・)

    珍道中ってか、最後はウン道中になっちゃったのー。
    なので、コケに怒られましたーーー(´;ω;`)


    まあ、楽しいウンコ道中だったんだけど~(-^〇^-)
    実際はPP道中なのよん♫


    で、帰宅後、ぼくは約束通り、ニャンに天津飯を作って食べさせー、
    でも、あんまし受けが良くなくってー、まあ普段とさして変わりない反応だったかな?
    やや受け?


    んで、自分らの夕飯である、味噌ラーメンを作ってー、
    それがめちゃくちゃ疲れるんだよなー。
    野菜を蒸し焼きしー、湯を沸かしー、麺を茹でー、スープ用の湯を沸かしー、
    何故か無意識で、沸かした湯を捨てたアホな私なのですー(・∀・)

    最高に美味かったんで、良かったでーす(^。^)

    ここで私はもう体力の玄海灘。
    なのにコケは、「明日、現場行くのー?」って。。

    あのよぉ、あたしは馬車馬じゃないんですけども・・・(^。^;)
    機械仕掛けの林檎じゃないんですけども・・・・by手塚治虫


    更新される前に、後日談を更新しちゃう、
    罪作りな妹でしたーーーー♥パチパチパチ・ヒュー・ドンドンドン


    寝ます!じゃあね!

    手作りに夢中

    最近、体調がほんとに良くないです。
    気持ちもとても不安定です。
    浮き沈みがこんなに激しくなったのは、いろんな原因が考えられます。

    ヘルニアの首と腕が、どうにも痛みが激しくて、治まってくんないこと。
    ストレスが掛かり過ぎると、やっぱ筋腫の痛みも酷くなること。
    んで、ボンビーなこと・・・・(>_<)やーねー

    あ、それとツイッターのまとめ記事ですが、
    ここで更新するのやめました。
    だって、ここのブログがツイッターの更新で埋め尽くされるような予感が・・・。
    大してツイッターでもつぶやいていませんが。。

    んで、体調悪くてもニャンたちと一緒にいると、本当に気持ちは満たされます。
    このコたち、かぁわいいな~~~て(*^。^*)

    んで、ニャンたちのこと中心で生活してるのも心地良いので、
    手作りご飯も、もっと本格的に、というか、完全手作りを目指そうかな、と考えてます。

    ウチは今のところ、レトルトパウチか缶詰と手作りスープ半々を夕飯に、
    夜食と朝ごはんをカリカリにしてるんだけど、

    やっぱなー。
    市販のものをあげてると、飽きちゃうんですよ!
    色んな種類のを代わる代わるあげてても「またこれープイ!」って。
    ウチのニャンは肉中心の外国産のは、良いものでも食べてくんないの(>_<)
    お魚の国で生まれたからですな!

    んで、献立を考えてるときが1番たのしーーーのだ♪

    早速今日作ってみたのは、
    夜食のカリカリの代わりの、卵ボーロ。

    片栗粉と卵と粉ミルクのです。砂糖は入ってないけど、
    きび糖とか野菜の摩り下ろし、ゴマも良いみたいね。

    手で丸めて、フライパンで焼きました。
    弱火で蓋をして、数分たったら裏返し。でも面倒なので転がして一丁上がり!
    Image171.jpg

    丸めるの、ちょーー面倒だった!形がイビツーー(^・^)

    まあ多分、にゃんは食べないだろうな。
    自分で食べちゃうんだろうな!

    あと作ってないけど、考えた献立は、天津飯なんてどうだろう?と。
    お粥さんの上に、海鮮のものを入れた玉子焼きをのっけて、出汁のアンをかけるの!
    うふ!うまそーーーー(*^。^*)


    これが卵ボーロの出来上がりです↓
    Image172.jpg

    あ~~、めんどちかったし疲れた(>_<)


    さて、ここで団吉~なおみの~オマケコーナー

    この中で、コーちゃんがかくれんぼしています。

    Image169.jpg

    ん?どこどこ?


    Image168.jpg

    ふふふ。わかったかな~~~?

    じゃあね!

    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    ~またプロフィール更新しました~

    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー