FC2ブログ

    キムチ味噌うどん大鍋で

    ああ~~、やっちまっただ。

    風邪引いちゃったようだだ。

    昨日、公園の枡清掃やっただね(枡清掃とは、ドブさらいのようなもの)。

    枡から出た、水を含んだ土とかぁ枯葉とかぁ、ゴミとかぁを、

    植え込みの陰に、埋めるだよ。

    オイラ、スコップで穴掘る担当だよ。

    この寒さでも、エイサ!エイサ!と穴掘ってると、汗かくだね。

    ヤッケを着たり脱いだり、せせこましいだよー。

    この枡清掃をやると、何故か体調を崩してしまうこと多いだね。

    悪い菌とか、あるのかな?やっぱし。


    家に帰って、給食で出たような甘めのミートスパゲッチィを作っていましただ。

    小松菜の辛し和え、味噌汁、ああ~、せわしない。

    その内、頭がグラグラしてきただ。

    熱っぽいだー。

    具合悪くなりつつも、夕飯食べたよ。美味しかった^0^v


    んで、今日は出かける予定があったけんど、やっぱし体調悪いだよ。

    相手に移しても悪いから、キャンセルだーー。くすんでちゅ。

    なのに、午後から現場の写真撮りに行っただよーー。ぐすんだちょ。


    なんと、師走だってのに、オイラたちの仕事が急にスッカラカン状態に。。

    ついに来たか・・・この時が。


    数日前から、口内炎が痛いだよー。

    だから、風邪ひいたんかな?


    091128_194317.jpg
    これが、キムチ味噌うどん大鍋で♪

    今日と明日の2日分なり。ふふふ。
    食欲は、いつもある。今もある。ふふふん。

    なんだよ~~~

    苔丸ったら、なーんかオイラに言いたげ?

    「ふふふ・・・・」

    「なーんだよー、なによ???」



    「なんか、お前最近、神様視線?」

    「( ゚Д゚)ハァ?」

    暫し、考えて・・・・。

    「(;゚д゚)ァ....、ブログ読んだね?」

    「( ゚_ゝ゚) うん」


    「なに??神視線て!!なに??そんなに偉そうだった??」

    「うむむ・・・・」

    なんだよ、何か言いたげじゃんか?

    「なに?何様って感じだった?」と、汗汗しちゃただよ。

    あ~、それは私も(俺も思ったよと、お思いの貴方!



    「ぼくと握手!」

    imgut6.jpg


    苔かよ・・・・・・。


    「まあ、そんだけ元気になったってことだな」

    「もしかして、あたし、神ぶってた?・・・神ってた?・・・・ちょっと神る?って感じ?」

    そして、軽トラの車内には、二人のバカ兄弟の笑い声が響く、

    そんな16時半の出来事でした。


    というわけで、どんどんと加速度を加速して、オバタリアン加速する、加速オバタリアンな私。


    じゃあ、さっき撮れたホヤホヤの写真だよん↓↓↓


    コーちゃんと、もみちゃん、プロレスごっこに夢中ざんす。
    091124_213203.jpg
    もみちゃんは、本当に~~、気が強いの~。身体は1番ちっこいのに。
    三毛ちゃんは気が強いって聞くけど本当かもねん?

    このシーンの前、ホントはチビがモミに、教育的指導をしてただよ。
    余りにもオイタが過ぎますからね!


    あららん、やんだは~~><
    後ろの壁紙がベリベリなの、丸見えじゃんね~。
    でも、実はあたしが自分で破きました。壁紙の張替えをしようと思い破ってはみたものの、
    放置したまんま(゚∀゚ )三 三( ゚∀゚)


    母親は大変だと思うけど

    ちいさい子どもを育ててる真っ最中の母親は、本当にいろいろ大変と思います。

    けど、やっぱし街中で見掛ける「(@´・ω・)ん?」と思っちゃうお母さんて多いです。

    自分が母でないので、偉そうに言ったらいけないかも知んないけど。


    先日、仕事終わってオニィとスーパーに行ったんすよ。

    したら、年の頃なら2歳くらいの女の子がひとりでウロウロしてる。

    小さなぬいぐるみを抱きかかえウロチョロ。

    「ママ~?ママ~?」って母親を探し始めた様子。

    すぐ近くに居ると思ってる母親に呼びかけてる、っていうくらいの可愛い声だったのが・・。


    「ママ~?・・・・・ママ~~~???

    ・・・・・ママーー!!・・・・・ママーーー!!!!!」

    「マ”マ”ァァァァァーーー!!!」と、

    尋常じゃない泣き叫ぶ声に変わったんです。

    それを傍で見ていたオイラたち。

    女の子の血の気が引いてくような不安が痛いほど伝わってきましたよ;;;;

    周りを見渡しても、母親らしき人は居ない。。

    もうパニック状態になってる女の子。

    あたしは女の子に駆け寄って、「どした?迷子になっちゃったの?大丈夫大丈夫、ママどこかな?」

    と、女の子の手を引いて、ちょこっと一緒にママを探してたら、携帯で電話しながらママ登場。

    「なーにやってんのよ!!おまえはーー!!」と頭をぺシッと叩いた。

    この母親、あたしの顔なんか見ずに、女の子に一喝しただけでした。

    携帯で話すことに夢中になって、子どもが逸れちゃったのにも気付かず、

    不安で泣き叫ぶ我が子に其れかよ。

    自分の体裁が一番悪かったから、子どもを一方的に怒鳴ったんだろうな。

    こういう母親って、意外と多いです。

    自転車で、後ろに子ども乗っけてるのに、親は携帯でメール打ちながらチャリ漕いでる、とか。

    車が激しく行きかう道でも、信号でも、

    子どもの手を引かないで、前や車道側を子どもに歩かせてる親、とか。

    子どもっていっても、2歳~5歳とかの幼児っすよ。

    子どもを盾にしてるのか?って思っちゃう><

    あたしは子どもは居ないけど、歩いてニャンを病院に連れて行くとき、

    どんなに手が疲れても、ニャンを入れてるキャリーボックスを車道側に持つことはしない。

    13年くらい前、近所の親しくなった男の子と散歩やスーパーにも買い物に行ったけど、

    外を歩く時は必ず、お手手つないで自分が車道側を歩いたし、

    スーパーでも手を放す事は絶対にしなかった。当たり前だと思うけど。

    そりゃ、毎日毎日、子ども育ててるんだから疲れてるだろうし、気を張ってばかりじゃいられないと思う。

    けど、、、どうしてもそういう”携帯命”で、自分優先みたいになってる親を見ると、

    子どもも自分も生活も、”どうでも良いっしょ”みたいな感じが見えてしまう。。

    迷子になった子どもを攻め立てる親。

    旦那は旦那で携帯のコミュニティサイトで若い女の子と擬似恋愛に夢中。

    仕事中の真昼間でも、ちょっとの隙をみては携帯サイトにアクセス。。。

    家庭・家族ってなんだろう???

    子どもはどんどん隅っこに追いやられて行く。。

    自分を愛せない子どもが増えているのは、やっぱしこんな寂しい家庭が多いからだと思う。

    あのスーパーの携帯ママも、

    普段はやらないけど、この時だけやむにやまれぬ事情があって電話してたって感じではなかった。

    普段から家でも携帯電話やメールに夢中になってて、子どもそっちのけにしてそうだった。

    んで、子どもがジュースなんか溢そうものなら「なにやってんだ!バカ!!」くらい言ってそう。。

    携帯やメールすることでバランス取ってるんだから、って言うかもしんないけど、

    迷子になった子どもを一方的に怒鳴ってるんじゃ、バランス取れてないもの。


    母親は色んなプレッシャーとかも、ひとりで背負い込んでしまうものだけど、

    早く言えば、父親が家庭を大事にしていないと尚更、一人で抱え込んでしまうけど、

    どうか子どもに当たらないでほしい。

    子どもを捌け口にしないでほしい。

    刃をむける相手を、抵抗できない子どもに向けることは絶対にしないでほしい。

    子どもを育てたこと無いあたし言われたくないだろうけど、言う資格がなくたって言うんです。


    近所付き合いがあった男の子のお母さんは、重度の統合失調症で、

    妄想も強く、話も支離滅裂な部分があったけど、本当に良いお母さんだった。

    子どものことに真剣だし、毎日毎日きちんとお弁当も作っていました。

    最近のキャラ弁とかじゃない、極普通のお弁当だったけど、愛情がたくさん詰まってたし栄養的にもバランス採れていたし。

    たまに残り物のおかずなど頂いちゃったりしてたけど、本当に美味しかったんです。

    オニィなんか、「やっぱ、主婦の年季が違うよなぁ。美味いよなぁ」って感激してました。。

    知り合った当初は、男の子は幼稚園児だったんだけど、

    ある日、園の帰りに家に来たとき、

    「幼稚園でね、お前のママはきちがいだって言われたの。。
    みぃちゃん、あたし悔しいよお」って泣かれたことがありました。

    5歳かそこらの子どもが”きちがい”なんて前近代的な差別語を知ってる筈無いですからね。

    すぐに、園のほかの母親たちが言ってるのを子どもが聞いていたんだろうと察しました。

    園のほかの母親との交流は、ないと言ってたので、彼女は抜けものにされていたんでしょうね。

    彼女は人の噂話もしないし、ひとの悪口も言わないし、ただ病気なだけなのに。


    それから数年後、糖尿病の悪化で亡くなってしまったけど、

    彼女は本当に心が美しい人でした;;;;;

    本当に良い人でした。あたしの病気を気遣ってくれたり、半分もう親戚のような付き合いで。。

    抱き合って再会を喜び合える、本当に心から信頼してた友達です。。。




    その男の子も、今19歳くらいになってるんだろうな。

    あたしが同棲で一年居なかったうちに引っ越されてしまって、音信不通になっちゃった・・・。

    逞しくどこかで暮らしていると信じてる。。

    いつかもう一度、その子と会いたい。。。


    これ以上書くと、キレイ事になりそうだし、
    あんたに言われたくないと言われそうだから、昨日のネコまんまの写真載せます^0^



    091120_172829.jpg

    ジャガイモと大根をおろしたのと、パセリとブロッコリ少々と卵を加えたご飯です。
    ジャガイモのでんぷんで上手い具合に、まったりします^0^d
    こりを、いつものレトルトパウチと混ぜ混ぜすれば~、うっかりちゃっかり食べてくります。
    完全な手作り食だと、まだまだ「これって食べ物なの??」って分かってくれないので、
    いつもの缶詰やパウチと和えるんです。割り合いは手作り3:パウチ7だけど^0^;






    ミニSDカード欲しいなん

    今日は本当に寒かっただ~~。

    昨日は寒くても陽射しがあったから日中は長袖1枚で十分だったのに~、

    今日は真冬でしただよ。

    ヤッケ着てたから上半身は動いてれば寒くなかったのに、足袋のつま先がどーにも!

    かじかんで来て、オマケに雨も降ってきただから・・・・・

    即効、中止決定( ゚ー゚)b

    お家でお留守番のニャンzちゃんたち、さぞかし寒い思いしてんだろーなぁと、

    買い物もそこそこで小走りして帰ったら・・・・・・・



    寝てた(ρw-).。o○


    チャンチャンコのうえで寝てたのがバレバレYO☆
    ぬくかったもんねー^0^d

    すぐにストーブのスイッチ押したら、全員集まってネコ団子出来ただ!

    まぁ、ブログというものは、ここで写真なんかが同時進行で載ってるもんだで。

    しかし、オイラは携帯しかカメラないのね。

    しかも、その携帯のメモリ容量がめいイッパイなもんだで、新しく写真を撮ることが出来んのだ。

    オニィのメモリカード、貸してもらったんだけど、どうも上手く行かず・・・。

    買いたいの。SDカード。

    でも安いの楽天で見付けても、送料で倍の料金になったりするからなー。

    あーんな、ちっこくて薄いカードを宅配便で送る意味とは???


    んでは、ちょっと前に撮った、我が家の可愛くてヤンチャのニャンzたちを観て行ってくんさい^0^



    あ~、チビちゃん、仕事の前なのに・・・
    091029_075250.jpg
    こんなウニャぅニャされたらぁ、行くに行けないだよ。。


    091029_075444.jpg
    「このままで居させて・・・」



    091030_210411.jpg
    新しく買った、寝袋だね。もみちゃんは潜るのが大好きだね。



    091031_201954.jpg
    こーちゃん、そのお顔・・・・渋いぜ!(気持ちは赤ちゃんのくせに∵ゞ(≧ε≦o)



    091119_185131.jpg
    さっちゃん、最近の定位置だね。夕飯後のまったりはココでお目目を固くつぶること。
    オイラたちんの夕飯時は、いやでも視界に入りますだね。



    091028_100441.jpg
    双子の男の子兄弟は、ほんとにお腹の感じもおんなじだ(オイラに似て)。



    DCF_0780.jpg
    そそう、以前に買ったカラーボックス。オイラ一人でも組み立てられました。
    このインナーボックスは、ニャンたち用に一個、ベッドとして活躍中だ。



    そそう、
    081119_122047.jpg
    去年の今頃、M公園で見かけたチビちゃんにそっくりな子。
    このまえ、久し振りにM公園に従妹とピクニック行ったら、この子と再会したんよー。
    ちょっと、後ろ足を引きずっていたんよね。。。けど、一人ぼっちでよく生きていたね;;;;;
    オイラの弁当をお裾分けしただよ。
    この公園のニャンたちは、意地悪するひとがないかぎり、車も入ってこないし(うちら業者は時速10キロ以内って規則です)
    避妊も少ししてもらってる子もいるし、ご飯をくれるひとも大勢いますので安全に近いところです。
    でも、寒さと病気で長生きできる子は、どれだけだろう。。。

    うちのシロちゃんも、去年の春までは一人ぼっちで生き抜いて来たんだよね。。
    偉いだよ;;;;;
    今は面白キャラ子ちゃんだけんどヾ(≧∀≦)ノ









    ノッチのほうがナイスガイ

    ノッチさん似の、オバマ大統領が日本を通りすがりで来たようです。

    もう出てくだろうけど(´∀`*)

    アメリカの工作員は、とっくに来日してるんでしょうかね。


    本当にお節介で自己中で、ガッカリな、
    世界で1番やっかいな国、アメリカ



    日本の中心で 放っといてくれ!と叫ぶだよ。



    なんでも、この前の10月、ニカラグアの政府に対しても
    お節介で厄介な忠告をしたらしく、

    米国大使館に、市民が殺到し抗議が行われたそうです。

    そして、ニカラグア政府も
    ”これ以上、内政干渉は止めてください。自分の国のことは自分たちで決めるんだから”
    という声明を発表したそうです。

    ニカラグアも、前に書いたチリもそうだけど、
    南米・中米の困難な歴史のなかには、
    必ずといっていいほどアメリカの軍事的な干渉があった。

    ベトナム戦争も朝鮮戦争も、アフガニスタンもイラクも
    アメリカの軍事介入がなかったら、あそこまで泥沼にならなかっただろう。

    オバマさんが就任した当初は、”世界の警察アメリカ”という道はやめていこうと言ってたような?

    核兵器廃絶の道、ノーベル平和賞、
    これを本気で期待した、被爆者の気持ち。

    オバマさん、お前もか。
    と、ガッカリさせないで欲しい。

    一瞬でも、広島・長崎に立ち寄ることは出来なかったのか。

    0 か 100、じゃなくていい。
    0 か 10でも良かった。

    核兵器保有国であり、核爆弾を落とした国の責任を語るなら、
    素通りすら無しなんて。。何しに来たんでしょうかね。

    被爆者の気持ちを、弄ばないでください。
    来年の8月には、必ず式典に出席してほしい。



    何だかアメリカにとって気に入らない現政権なんだろうけど、
    気に入らないからって、何とかしなくて結構です。

    何かしてあげるって言うなら、
    米軍基地、すべて丸ごと、日本から出ていってください。

    日米安保が唯一の命綱???
    外交・貿易とか、経済のところで日本は貧しくなるでしょう。
    食料から燃料、ほとんど輸入で賄っている日本ですから。
    アメリカの一声でストップされたら、破綻するでしょうね。

    過去、現在、アメリカが関わることで
    内戦や貧困に陥った国が山ほどありますから。


    けど・・・・。

    困難だけど、大国の理不尽な干渉をキッパリと拒否する国になるか、
    今まで通り、アメリカの植民地として、他国にも嫌われたまま、アメリカに小バカにされ続けるのか。

    民族主義がどうの、とかの話しじゃなく、
    鳩山政権が言っているのは、極々まともな主張だと思っています。
    それに、そんなに凄いこと言ってるわけじゃない。

    歩み寄って、譲歩して、アメリカを立てつつ、
    平和的外交を目指すのが、こーんなに難しいなんて。

    丸腰で話している相手に、あちらは銃口をこちらに向けている。
    なにかキッカケさえあれば、ぶっ放すぞ、と脅している。
    本当に、厄介な国です、アメリカって。

    アメリカ国内の世論では、アフガニスタンに兵を増員するオバマさんに対し、
    ノーという声が大きくなっているそうです。

    初めのオバマ氏に期待したアメリカ国民とも、次第に距離が出て来たんでしょう。

    オバマ氏の言ってきたことは、本気だったと思います。
    しかし、アメリカの裏側を牛耳っている、怖ーい得体の知れない連中が、
    オバマ氏にも圧力を掛けているんでしょうね。
    今までも、気に入らなければ
    抹殺なんて、いとも簡単にしてきたでしょうから。


    鳩山政権は、本当の意味で”命がけ”。
    普通の国にしようとしてるだけで、”命がけ”。

    だから、あたしも今までとは違う政府を、命がけで応援したい。
    自分の国を愛している、と、本気で気付いたんだから。

    自公政権のときゃ、国民には踏ん反り返ってた連中と、
    国民に対して、少しでも誠実でいようと悶絶する政権、
    どちらが本当に国のために働いているか。

    国会中継をラジオで聞いてると、ハッキリ伝わる。

    普天間基地の問題も、
    今までの政府なら、アメリカの思惑通りに決着してただろう。
    15年掛けて、話し合ったというけど、
    この前の国会中継を聞いてたら、川口元大臣なんて、
    質問中「沖縄」「沖縄県民」という単語は殆ど出て来ない(最後に2回くらい?)。
    「アメリカ」「オバマ大統領」が圧倒的に多かったです。
    どこまでアメリカのご機嫌取りさんなんだ?

    国の責任者は、国民にとって利益になることを考える。
    オバマ氏も、兵士たちのまえで
    「国に不利益になることはしない!」と言っていた。
    それは、日本も同じです。
    真に利益になる、日本のためになることをしたいだけ。

    それが、厚かましいアメリカの怖い連中には分からない。
    日本だけじゃない、他の国も同じです。

    1973年9月11日、気に入らないアジェンデ政権を潰してしまえ、と、
    ピノチェトを先導して、暴力によってチリを壊したアメリカ。

    常に人の国を、暴力と破壊によって支配してきたアメリカ。

    アメリカ国民の現在は、そんなアメリカのやり方は、もう沢山だ、と言い始めてる。
    人の国で死ぬのも、殺すのも、もう終わりにしたいと思っている。
    結局は、アメリカにとって敵を作るだけ、恨みを残すだけ。
    なにも利益になっていないと、感付き始めたのです。

    チリの9・11。
    アメリカの9・11。

    沖縄のひとたちの多くが、「嫌だ!」とはっきり言ってるのに、
    人が嫌がることをし続ける。
    嫌がってることを無理強いする。

    嫌がっていることを伝えて、穏便に解決しようとしてるのに脅す。
    「申し訳ないけど、沖縄のひとには我慢してもらって」と、平然と言ってのける評論家。
    米軍が居るからこそ起こる犯罪や被害。
    いったい、いつまで命を犠牲にしなきゃなんないのか。

    世界をレイプし続けるアメリカ。

    もう、ほとほとウンザリです!









    victor jara②

    the clashのアルバム『SANDINISTA』の中に
    「Washington Bullets」(ワシントンの銃弾)という曲があります。

    その曲の中に、

     ”As Every Cell In Chile Will Tell,
    The Cry Of The Tortured Man.

    Remember Allende, And The Days Before,
    Before The Army Came.

       Please Remember Victor Jara,
        In the Santiago Stadium,

    Es Verdas-Those Washington Bullets Again."



     ”チリの全ての監獄が教えてくれる 
    拷問される男たちの悲鳴
       アジェンデを思い出せ 
    ヴィクトル・ハラを思い出してくれ お願いだ
       サンチャゴ・スタジアムのことを
       またワシントンの銃弾だ”



    この歌詞がどうしても胸に突き刺さって、
    一体、何が起こったのか気になって仕方なかったのです。

    そんなとき、世界の民族音楽を放送してたラジオ番組で
    偶然に流れた音楽がヴィクトル・ハラの曲だったのです。
    確か、特集かなにかで何曲かまとめて放送してくれたんですね。
    ”気になる” ”知りたい”と思っていると、
    タイミング良く向こうから来てくれるってこと、あるのかも知れない。

    それをカセットテープに録音して、いつも聴いていました。
    そのうち、サンディニスタを知りたくなり、
    ニカラグア革命のことも本を買って読んだりしました。

    それから数年後、
    日本で発売されたヴィクトル・ハラのCD『人間であることの歌(ベスト15)』を買いました。
    「オーマガトキ」という新星堂の自社レーベルからの限定発売でした(リンクしてません)。

    このCDの解説と訳詞をされたのがヴォーカリストであり作家でもある八木啓代さんです。

    この方の解説がとても解りやすいので、引用させて頂きます。



    1973年9月、当時の世界の注目を集めていたサルバドール・アジェンデ大統領と人民連合による
    「チリでの選挙による社会主義」の実験は、
    この国を襲った経済危機のなか、わずか3年で、米国のCIAの関与する軍部の反乱によって幕を閉じた。
    (中略)
    このアジェンデ自身をも犠牲者の一人に数える流血の軍事クーデターの中で、
    前途の『新しい歌』の代表格であり、かなりの人気歌手でもあったひとりの音楽家が、
    人民連合支持者であるという理由で虐殺されたというニュースは、当時、全世界を震撼させる。
     
     それが、ビクトル・ハラだった。
     クーデターの数日後の9月16日。35歳の誕生日を目前に控えた、
    この才能溢れるシンガー・ソング・ライターの、両腕を砕かれ機関銃で撃たれたむごたらしい死体が発見され、
    彼の作品は、以後、15年以上にわたって軍事政権のもとで禁じられたのである。






    ビクトル・ハラの最期について、調べてみると本当に”虐殺”であったことが分かります。

    1973年9月11日。
    チリのサンティアゴで、ピノチェト将軍による軍事クーデターが起こります。
    これは当時のアメリカ政府が利権のために、
    ピノチェトを利用し、仕掛けたようなものだとあたしは思っています。

    クラッシュの「ワシントンの銃弾」というタイトルになったのも、そういう理由だと思います。
    (ピノチェト軍事政権後もアメリカは利用し続けました)

    首都サンティアゴが制圧され、
    アジェンデ大統領が官邸に篭城し、ラジオから戦う意志を伝えた後、
    官邸ごとダイナマイトで爆破され死亡しました(降伏すると表明したが、軍が拒否し射殺されたとの情報も)。

    そして大勢の活動家や市民が、大学に非武装で立てこもりました。
    そのなかにビクトル・ハラも居たのです。
    そして、クーデター軍に拘束され、チリ・スタジアムに連行されました。
    ここでは約5000人もの人々が収容され、食料も水も与えられず放置されたようです。

    そこで拷問が行われたのです。
    ヴィクトル・ハラが、そこで人民連合のテーマ曲”ベンセレーモス”を歌い始めると、ハラの両手を砕き、
    それでもなお歌い続けるハラに拷問し続けました。
    最期にロシアン・ルーレットの1発を彼のこめかみに発射すると、
    一斉に数十発もの弾丸を彼の身体に撃ち込みました。
    その後、彼の遺体は道端に放置されました。

    この彼の死に様について、色々な説も出てくるようになりましたが、
    有名な説では、スタジアムに監禁されたハラが、
    ギターを弾きながら仲間を励まし歌った、とありますが、
    スタジアムに連行されたときは、みな後ろ手に縛られていたから
    ギターは持って行けなかった筈だ、等。

    しかし、あとから尾ひれが付いたとしても、
    彼の遺体にあった無数の骨折痕や数十発に及ぶ弾痕は
    何があったのか物語っていると思います。

    ヴィクトル・ハラとともに、スタジアムで監禁された仲間たちは、
    虐殺されたか強制収容所に入れられたと伝えられています。

    その後、軍事政権が19年続き、
    その間にも多くの人権弾圧があったことも事実です。



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


    数日前から『平和に生きる権利』という彼の歌を、
    画像と字幕を入れて編集していました。
    それをU-TUVEで動画投稿してみました。

    この曲は、ヴィクトル・ハラが、アメリカで起こった
    ベトナム反戦運動に呼応して作った曲だそうです。

    画像のなかに、アメリカ政府からの参戦要請をうけ、
    ベトナム戦争に派遣された韓国軍兵士の写真がありますが、

    韓国軍兵士のなかには、アメリカ兵と同様に、虐殺に加わった兵士もいるそうです。
    ただ、韓国軍兵士にも枯葉剤のことは知らされておらず、
    知らずに枯葉剤を身体に浴びた兵士たちのなかには、
    未だに後遺症で苦しむ人たちがいるそうです。


    そして、動画の後半に出るヴィクトル・ハラの写真には、
    民衆と一緒にデモ行進をするハラの姿があります(右端)。




    「平和に生きる権利」 作詞・作曲ヴィクトル・ハラ (対訳・八木啓代)







    アメリカの歴史は、他国に対する「内政干渉」の歴史だと思います。
    オバマ氏が大統領になったものの、日本の現政権に対して、
    脅しにしか聞こえないような圧力を掛けて来ています。
    屈服しない、主権はその国の国民のものなのだと、
    ヴィクトル・ハラは歌っているんじゃないかな。




    victor jara ①

    前回のthe clashの続きです。

    パンクを聴く前から、好きだったのが民族音楽なんです。
    ラジオで民族音楽を配信してたのを毎週のように聴いてて、
    当時ラジカセしか無かったので、カセットに録音してました。

    ラテン音楽やフォルクローレ、タンゴなんかも大好きでよく聴きました。
    日本の民謡なんかも、世界から見れば民族音楽に入るんじゃないかな?
    民謡も大好きで、今は毎週土曜のNHKのラジオで昼飯を食いながら聴いてる。


    民族音楽ってのは、あたしの考えだと
    ”そこに生きる人の生活の歌”だと思ってるんです。

    だから普遍的だし、”願い””祈り”が込められてるんじゃないか。


    the clashのアルバム『サンディニスタ』
    sandinista.jpg

    サンディニスタsandinistaとは、
    ニカラグアの愛国者サンディーノ(sandino)
    sandino.jpg
    から、名前を取った、
    サンディーノ主義者という意味で(ウィキに詳しく載ってます^^)、
    サンディニスタ民族解放戦線のことを言います。


    ニカラグア革命とサンディーノは直接は関係ありません。
    そのずっと前にサンディーノは暗殺されています。

    なんでも、サンディニスタは、共産主義、マルクス・レーニン主義だから
    サンディーノまで一緒のようにされては困るという意見もあるそうです。

    しかし、サンディニスモからすれば、偉大な英雄なのです。




    ・・・あ~~、頭使って、疲れたぁ。




    疲れちゃったし、本題から離れちゃったので、
    このへんでお開きだす。^-^b



    つづく。

    ☆the clash☆

    clash_1977.jpg


    THE CLASHとの出会いは、二十歳くらい。

    アパートの近所にあった、貸しビデオ屋で
    『Rude Boy』っていうビデオを何気なく借りたのがきっかけです。

    映画なのかバンドのドキュメントなのか、どっちにも入らないような内容でした。

    おお、これがPUNKなのか!!!と、衝撃を受けた。
    その後、パンクにのめり込み、sexpistolsも聴くようになった。


    まあ、月日は流れ、
    20代後半、あたしはアルコール依存になっていて、
    朝からコンビニに行っては、酒を買い、夕方まで何度も買いに行き、
    毎日、泣いたり叫んだり、自暴自棄な生活をしていました。

    そんな頃、clashのジョー・ストラマーが来日するっと聞き、
    仲良しだったN君と従妹の3人でライヴに行くことになったんです。

    その頃は、2週間に1度は
    電車で病院に通院してたので、一人でも何とか電車に乗ることが出来てました。

    んで、ついについに、最愛のジョー・ストラマーに会えた!!!

    このツアーは、日本のファンへのサービスということで
    殆ど全曲が、clashの曲でした!!

    もう、全部みんな一緒にpogoしながら歌いまくった!!!

    革ジャン着てったあたしは、汗ビッショリになったし、
    色物のジャンバーを着てた従妹は、素肌に色移りしちゃうほど、
    熱気で凄かったんだ。

    「rudie can't fail」のイントロが流れた時は、
    生きてて良かったあ・゚・(ノД`)・゚・と感激!!





    ライヴが終わって、感動に浸っていたら・・・
    在日米軍の兵士、2・3人が、何やらこちらに向かって話しかけて来ました。
    「+*@##?」
    N君が着ている、漢字がいっぱい書いてあるシャツは何処で買った?
    と、訊いてるらしい。
    N君「渋谷、し・ぶ・や!」と答えてたんだけど、
    あたしは何故かムカついて
    「日本語で訊けよ!」と言ってしまった。
    だって~、その米兵にライヴ中、背後から頭に手を乗っけられてたんだもん!
    重いのなんのって!!
    日本人を舐めるなってんだよ~。




    その翌年、またジョー・ストラマー来日の知らせがありました。

    けど、ライヴ数日前にあたしは入院してしまい、
    退院はしたけれど、まともに歩ける状態じゃなくて、
    本気で残念だったけど、ライヴを諦めたんです。

    その数年後、ジョー・ストラマーが心臓発作で亡くなったと
    N君からメールが来ました。


    clashから教わったことは、たっくさんあります。
    自分の知らなかった世界を教えてくれたし、

    そして何よりも
    チリの英雄、

    victor-jara2.jpg

    victor jara(ヴィクトル ハラ)を教えてくれた。

    ・・・・つづく。ヾ(゚ω゚)ノ゛




    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    ~またプロフィール更新しました~

    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー