FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Tommy can you hear me?

    注)人によって、フラッシュバックが起こる可能性があります。ご注意ください。




    ザ・フーのピート・タウンゼント、児童虐待問題に踏み込んだ自伝を出版へ!



    The+Who+thewhomods.jpg


    The Whoのピート・タウンゼントの自伝 『Who he?』が、
    ついに来年の2012年に出版されるという情報を知って、
    この頃ピートのことをいろいろ考えてたところだったので感激しています。


    ピートはこの自伝を執筆するにあたって、2003年に児童ポルノサイト観覧による
    不当な画像所持・配布の疑いで逮捕・不起訴になりました。
    私はその経緯がキッカケでピート自身の性虐待被害を知ることになり、
    何か他人のような気がしない、というか、ある意味、同胞として、彼の音楽をより愛するようになりました。


    彼の主張を信じるか信じないかは、人によって違うと思うし、
    自分としては、特別クラスで好きなミュージシャンだから、良い方に信じたいという気持ちがあることは確かです。


    (ここで今、児童ポルノ規制法など日本でも議論になっている事柄については、
     また別の機会に書きたいと思います)


    ピートがこの自伝を執筆する際に、ネット上に溢れている児童ポルノを調べようとして
    サイトを観覧したことについては、不十分な文章ですが以前、ピート・タウンゼントの過去で書いた通りです。
    因みに、出版される自伝の中で、この時の児童ポルノサイトについても詳しく触れている事をピートのインタビューで読みました。




    ロックオペラ『Tommy』は、ピートの自伝的作品だと言われて来ました。
    私が初めてトミーのアルバムを聴いたとき、曲(歌詞)の内容の本当のところは英語だし解らなかったけど、
    何故かとても伝わってくるものがあり、聴きながら号泣したことを覚えています。


    近年のロジャー・ダルトリーのインタビューによると、
    映画『Tommy』で、キース・ムーン演じる「アンクル・アニー」は、
    何とも悲しいことに、まだ5歳だった幼いピートに対し、
    性虐待をしていた実際の人物がモデルになっていたのだそうです。


    その事実を知って、私はTommyという作品が何だったのか納得できました。


    tommy3.jpeg



    see me   feel me   touch me  heal me
    僕を見て 僕を感じて 僕に触れて 僕を治して・・・


    見えない、聞こえない、話せない世界で、アメージング・ジャーニーする幼いトミー。


    「お前は何も見ていない!何も聞いていないし、何もなかったんだ!  
     誰にも言っちゃいけないよ  何もなかったんだから!」

    このような大人の圧力、または無関心のなかで、
    でも、こころの中で、必死に救いを求め叫んでいる。
    ピートに実際、このような大人たちの圧力があったのかは分かりません。

    けれど、多くの性暴力被害者がそう感じ、察するように、ピートもそうだったのでしょう。
    これは言葉ではない、無言の抑圧であり、絶対に誰にも言ってはいけない、
    くちにしてはいけない事なのだ、と被害者は悟るのです。


    これは体験者にしか分からない、知り得ない、全く理不尽な無言の暴力です。


    tommy1.jpg

    トミーが成長しても尚、心の中で助けを求めるだけ。
    そしてトミーはピンボールに自我を求め、自らを癒し始める・・・。

    これって、まさにピートの生い立ちと重なるのではないでしょうか。
    自伝を読むまえなので想像に過ぎないけど、自分の半生をトミーに重ね描いたなら理解できます。



    images.jpeg



    ピートはwhoで創作すること、曲を作ること・・・、表現することで、
    自分自身を癒していたのじゃないかな、と思ったのです。

    Tommy
    Quadorphenia
    この2つのビッグアルバムに共通する、ピートが背負っている心の闇、
    言葉では足りない・出来ないものを、ギター、ドラム・ベース・歌声で伝えていたんだ!と私は感じました。
    このピートの言葉にならない闇の世界を、他のメンバーが一緒に表現してくれたことは、
    ピートが生き続けていくうえで、どんなにか重要であったろうことも想像できます。
    本当に涙・・・・。


    ですから自伝に15年の歳月をかけたこと、
    特に、この自伝でピートの子ども時代を書くことに、7年もの時間をかけて執筆したこと・・・。


    66歳の今もなお、表現し切れない、言い尽くせない想いを抱え、
    自伝を通じて自分が生きてきた軌跡を書いたということに、本当に涙が出てしまう・・・。

    これほどまでに性暴力被害というのは、長い時間、たった一度の人生の貴重な時間を
    苦しみと苦悩で費やしてしまうのだ、と、多くの人が知るきっかけになったらな、と思う。





    ピートの勇気に感謝。早く読みたい!
    きっと私にとって、大きな人生の指針にもなるし、ピートと共にあるもの・・・、
    ピートと共有する苦しみを持つ、それが自分の励みになると思う。


    See me Feel me ワイト島ライブ'70



    スポンサーサイト

    ロジャー、ピート、ありがとう!

    ほとんどテレビ付けないで過ごすと、こんなにも時間がゆっくり流れるものなんだね。
    テレビっ子の私ですが、ほとほとテレビって何だかな~と感じる。特に報道関係ですが。


    ところで、
    THE WHOの、ロジャー・ダルトリー(右端)とピート・タウンゼント(右から2番目)が、
    who8.jpg

    日本に対して、facebookからメッセージを送ってくれたそうです。

    あたしはfacebookに登録してないけど、日本のファンが訳してくれたのを読みました。
    転載・コピー不可ということで、ここに書けないけど、心のこもった暖かいメッセージでした。
    ピートは赤十字のほうへ、小切手での寄付もしてくれたということです。


    そして更に、今日20日、ロジャーが日本のためのコンサートで
    開演前の1分間、被災で亡くなられた方々へ黙祷を呼びかけてくださったそうです。
    オフィシャルHP↓(オフィシャルだから、リンク出来ないようになってるみたいです)
    http://www.thewho.com/index.php?module=news&news_item_id=472


    the whoのこと、知らない・聴いたことない方には、申し訳ない日記なんですが、
    フーの映像をいろいろサーフィンしてたらね、
    びっくらこいた掘り出し物を見つけちゃったのよ!奥様!

    なんと!
    元the clashのミック・ジョーンズ(右端)と、
    The+Clash.jpg



    the whoの(現在の)ロジャーが!
    who9.jpg


    クラッシュの『London Calling』を共演してるじゃありませんか!






    このライブには、リンゴ・スターの息子、ザック・スターキーも参加してるみたいだよ。
    確かザックは、フーとしてのツアーにもドラマーで参加してるんじゃなかったけかな。





    まだ、クラッシュが現役だったころ、ピートが泥酔状態でライブに飛び入りして
    苦笑されてたのは、本で読んだことあったけど
    (写真も見たけど、若いクラッシュのメンバーが困った顔してたよ)、
    現在のロジャーと、ミックがライブハウスでクラッシュの曲を演奏するなんて、
    どっちも大ファンである私からすると、
    ダブルで嬉しいことなんじゃよ!!
    すごいことなんじゃよ!!(落ち着けよ、おめーよ)


    やっぱ、the whoは、
    『PUNK OF GODFARTHER』だよな!




    ps,
    今回の日記、やたら時間が掛かった割りに、
    だれ~も興味のない話でしたよ。
    ま、ブログは自己満で書いてるから良いのさ~^0^



    the who ピート・タウンゼントの過去

    11月19日水曜は、ほんとはthe whoの単独ライヴに行く予定だった。

    けど、運悪く風邪引いて、仕事も休んだりしちゃったこともあって、

    前々日、仕事休んだのに、ライヴに行くのはイクナイからね。。

    なんで平日に追加公演なのよ~って思いましたよ。

    フーが初来日したのは、去年だったか一昨年だったか・・・。

    でも、単独来日は初めて。。

    生きてるうちに、生のフーと会えるなんて、16歳の頃のあたしには全く想像してなかったな。

    全盛期だって、来日しなかったんだから。

    ジョン・エントウィッスルも、去年亡くなってしまったし。。

    1年前の日記に、ピートは晩年を汚した・・みたいなこと書いてしまったのだけど、

    今回の来日で、それについて調べてみたんです。

    それは、あたしの間違いでした。

    ピートが逮捕された理由は、ネットで小児性愛のサイトを観覧した所為でした。

    あたしは、そこまでの情報しか知らなかったんだけど、その後の調べで

    ピートは、観覧するだけでも法律違反だと知らなかったそうです。

    イギリスでは、そういうサイトを覗き見しても罰せられるんだそうですね。

    ピート自体は、起訴されずに釈放されたんですが。

    では、何故、ピートが児童虐待のサイトを観覧する必要があったのか。。

    これは、ピート自身が後にインタヴューで語っています。


    実はピート自身、幼い頃、母方の親戚に性的虐待をうけた経験があったのです。

    そしてピートは自伝を書くために、性虐待を調べようとして、そういうサイトに入ってしまった、ということです。

    逮捕されたことで、自殺も考えた、と書いてありました。

    小児性愛者ではなく、自分と同じ経験をさせたくない、子どもたちを虐待から守りたい。

    そういう気持ちで支援団体などに資金援助など、ずうと昔から行っていたそうです。

    傍目には、ピートの言ってることが信じられないかも知れません。

    近親者による性虐待の被害者は、男の子にも女の子にもあります。

    加害者も、男だけではなく、女もいるのです。

    そして、近親者からの性虐待は、家族の者にも信じてもらえなかったりするのです。

    親戚のお姉さん・叔父さんに嫌なことされた、と打ち明けたとしても

    「そんなこと、あるわけない」「そんなこと、するわけない」と、信じてもらえないのです。

    被害者の切実な訴えも届かないことがあるのです。

    加害者が女の場合などは、更に理解されにくいでしょう。

    そして、被害者が男の子、男性の場合も世間の反応は冷たいものです。

    あたしには、ピートが自分のルーツを書こうとして

    そういったサイトを検索しようと思うことが不自然には思えないのです。

    実際、あたしも“レイプ”などで検索すると、アダルトサイトばかり引っ掛かったりします。

    間違って、観覧してしまう、なんて普通に起こります。

    そして、ここにも“レイプ被害 告白”などの検索で来てくださる方が1番多いです。


    ピートの若い頃の映像などを初めて観た時からずっと、

    ピートは何であんなに寂しそうな悲しそうな顔をしてるのかな、って思っていました。

    ものすごく神経が鋭そうで、ものすごく満たされない感じ。。

    ピートの自伝的な小説『四重人格』を昔に読んだけど、その中で同性愛らしき表現が出てきたのが不思議だったけど、

    今思うと、過去の記憶が入り混じっていたのでしょう。


    65_pete_talking_640.jpg



    あたしはwhoと出会えて本当に良かった。。

    ピートが生きててくれて、本当に良かった。。

    ライヴには行けなかったけど、16歳のときより、今のほうがずっとピート&whoを身近に感じる。。


    アルバム邦題『四重人格』Quadrofhenia 「Love Reign O'er Me」の当時のライヴ映像



    かなり画像も音も悪いけど、当時のメンバーのこの曲に対する真摯な姿に心打たれました。










    プロフィール

    みぃ

    Author:みぃ
    ~またプロフィール更新しました~

    境界性人格障害・レイプによるPTSDの患者でした。


    08年、社会復帰したので、本格的にレイプと闘う気持ちになりました。
    レイプ被害の現実などを、自分の一例としてたまに書いてます。
    何か私にお話がありましたら↓(メルアド変わりました)
    chibinet77(☆)yahoo.co.jp (☆)を@に変えてメールください。

    QRコード

    QR

    月別アーカイブ

    ブログ内検索

    ブロとも申請フォーム

    FC2ブログジャンキー

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。